さっぱりした食べ物を外食チェーンで頼むなら何があるか詳しく解説!

日々お疲れ様です。

仕事の合間や長い一日の終わりに、外食で気軽に美味しい食事を楽しみたいと思いますよね。

そして、特に夏の暑い日や体調が優れないと感じるとき、何を食べるか迷ってしまうことがありますよね。

そこで、夏の暑さに負けないために、また疲れた体にぴったりな食事をご紹介しましょう!

あっさり おかずといえば和食?

代表的なあっさりとした食事と言えば、和食が思い浮かびます。

和食は通常、油脂が控えめでさっぱりとした味わいが多いため、夏の季節や食欲が低下している時に特に適しています。

例えば、酢の物、冷や奴、あさりの酒蒸し、たまご豆腐、お刺身などがあります。これらの料理は、暑い季節でも軽やかに楽しむことができます。

和食専門店で楽しむこともできますし、ファミリーレストランでも和食メニューが充実していることが多いです。

また、漬物や梅干しもあっさりとした味わいで、同時に塩分を摂取できるので、夏にぴったりです。

ただし、和食が好きでない方もいるでしょう。その場合は、飲食店で見かけることが多いマリネ、ピクルス、カプレーゼ、サラダ、冷製スープなどがおすすめです。

また、エスニック料理が好きな方には、おかずではないですが、ベトナムのフォーや他国の料理も楽しむことができます。外食の魅力は、さまざまな国の料理を楽しむことができる点にもありますね。

さっぱりおかず 肉・魚だと

夏に食べやすいお肉のおかずとして、豚しゃぶはおすすめです。

豚しゃぶはあっさりとした味わいで、ポン酢との相性も抜群です。また、豚しゃぶサラダも爽やかな一品ですね。

豚肉にはビタミンB₁が豊富に含まれており、疲労回復や夏バテ予防に役立ちます。

幸いなことに、多くの外食チェーン店でもこれらのメニューを提供しているので、気軽に楽しむことができます。

さらに、夏にぴったりな肉料理として、ローストビーフも挙げられます。

ローストビーフに使われるお肉は、鉄分やビタミン、たんぱく質が豊富で、栄養バランスも良いため、栄養をしっかり摂取できます。

魚のおかずとして、お刺身や煮つけなどもおすすめです。これらの料理はさっぱりとした味わいで、夏の暑い日にぴったりです。

そして、夏バテに効果的な食材として、鰻が挙げられます。

夏になると鰻を使用した料理が多く提供されますが、それは鰻が非常に栄養価の高い食材であるためです。

鰻にはビタミンB₁やその他の栄養素が豊富に含まれており、夏バテの予防に効果的です。

夏バテ対策として、これらの食材を取り入れて、疲れを解消しましょう!

あっさりおかず野菜

野菜はシンプルながらも、サラダや温野菜などで楽しむことがおすすめです。

近年、糖質制限や健康志向が高まり、飲食店でも野菜を中心としたメニューが増えていますね。

食べやすさも大切ですが、夏バテ予防に効果的な食材を摂ることが大切です。

その夏バテ予防に効果的な野菜と言えば、まさに夏野菜です。

トマト、きゅうり、オクラ、トウモロコシ、シソ、ゴーヤなど、夏に旬を迎える野菜には、ビタミンやカリウムなどが豊富に含まれています。

これらの栄養素は、夏の暑さで失われやすい汗をかいた後に不足しがちなものです。しかし、夏野菜を摂取することで、この栄養素をしっかりと補給することができ、夏のだるさを解消するのに役立ちます。

日々の食事に、これらの夏野菜を上手に取り入れて、元気に夏を楽しんでくださいね。

食欲がある場合は定食がおすすめ!

定食屋さんに足を運ぶと、ごはん、汁物、メインおかず、副菜などがバランスよく提供され、リーズナブルに食事を楽しむことができます。

さらに、お肉やお魚の多彩なメニューが用意されており、その日の気分に合わせて選ぶことができるのも魅力です。

多忙な日常生活で、ついつい一品料理に頼ることが多いかもしれませんが、バランスの取れた食事を心がけることで、身体の疲れも効果的に癒すことができます。

また、定食屋さんではごはんの種類を選ぶこともできます。ビタミンを積極的に摂りたい方には、雑穀米を選ぶことをおすすめします。

さらに、カロリーや塩分の表示が多くの場所でされているため、健康に気を使う方にとっては心強いサポートとなります。

私自身、食欲がない日でも、定食屋さんに足を運ぶと、少しずつ食欲が湧いてきて、ウキウキした気分になることがあります(^-^)。

まとめ

最近の飲食店では、さっぱりしたメニューが多く、専門店に行かなくても手軽に好みの食事が楽しめます。

特に夏バテの時期には、胃腸が弱っていることが多いため、消化に負担のかからない食事を選ぶことが重要です。

暑い季節だからといって、冷たい食べ物ばかり摂るのは控えた方が良いです。それは体を冷やすだけでなく、むくみの原因にもなります。

体調に気を付けつつ、美味しく食事を楽しみながら、夏を快適に過ごしましょう!

タイトルとURLをコピーしました