揚げ物は冷蔵庫でどれくらい日持ちする?サクサクを保つ方法も紹介!

夕食のおかずの揚げ物が多すぎて、翌日に食べることを考えて、そのまま室温で放置してしまうことはありませんか?

揚げ物は、たとえ翌日の朝にすぐに食べるつもりでも、室温での保管はおすすめしません。

冷蔵庫に保管することをお勧めします。

余った揚げ物を室温で保存することの問題点や、上手な保存方法、そして冷凍した揚げ物を美味しく食べるためのアイデアをご紹介します!

揚げ物の保存は常温がダメな理由とは?

フライや天ぷらなどの揚げ物は、スーパーで購入すると常温で販売されていますよね。

しかし、なぜ自家製の揚げ物は常温で保存できないのでしょうか?

まず、スーパーで揚げ物が常温で販売されている理由についてお話ししましょう。

揚げ物は、調理後に冷やしたり温めたりすると、内部の水分が衣に移動してしまい、サクサク感が失われてしまいます。

そのため、できる限り揚げたての状態で提供したいのです。

また、スーパーで販売されている揚げ物は、購入後すぐに消費することを前提としています。

したがって、消費期限は購入日と同じです。

保存食品として販売されているわけではないので、自家製の揚げ物も保存する場合は冷蔵または冷凍することをお勧めします。

冷凍した揚げ物をおいしく食べるアイデアとサクサク感を再現する方法

冷凍した揚げ物を温めて食べると、確かにサクサク感が失われてしまいます。

そこで、サクサクしなくても楽しめる食べ方をご提案します。

天ぷらならば、ごはんの上にのせてつゆをかけて天丼にしたり、そばやうどんの具として使用して天ぷらうどんや天ぷらそばを作ることができます。

トンカツならば、玉ねぎを細かく切って出汁で煮立て、卵でとじてごはんの上に盛り付ければカツ丼の完成です。

しかし、どんな食べ方をしてもサクサク感が欠けるのは嫌ですよね?

そこで、サクサク感を再現する温め方をご紹介します。

まず、レンジで軽く温めてください。”軽く”とは、中身が室温に戻る程度です。

次に、オーブントースターで2〜3分焼きます。焦げないように注意しながら焼いてください。

すると、表面の衣がサクサクになり、揚げたてのような食感が楽しめます。

ぜひ試してみてください。

揚げ物の保存 冷蔵庫や冷凍庫でどれくらい持つの?

揚げ物を冷蔵庫で保存する場合は、1日が限度ですが、冷凍すれば1ヶ月保存できます。

外はサックリ、中身はしっとり、肉汁がジュワ~ッ…。

そんな美味しい揚げ物は、衣の水分だけが抜けて中身の水分が残っています。

特に、魚介類の天ぷらやトンカツなどがそうですね。

しかし、時間が経つと中の水分が出て外の衣をベタつかせてしまいます。

個人的には、翌朝のしっとりした衣のトンカツも好きですけどね。

一流の高級な天ぷら店では、生でいただけるほどの新鮮な海老に、薄く衣をまとわせて、外はサクサク、中はしっとりプリプリの絶妙な状態で提供されます。

しかし、この状態を保つのはわずかな時間です。

時間が経つと、エビは余熱で固くなり、衣はエビから出た水分でサクサク感が消えてしまいます。

ですから、すぐに食べないと「早く食べてください」と怒られてしまいます。

そんな揚げ物を保存するなら、油を切った後はなるべく早く急速冷凍してください。

ラップに包んで急速冷凍用のアルミトレイに乗せ、保冷剤に埋もれさせましょう。

揚げ物の保存にはキッチンペーパーはいらない

揚げ物と言っても、天ぷらやフライ、唐揚げなど様々ですね。

どんな揚げ物でも、美味しいものは外はサクッとして中はしっとりしていると思います。

サクッと揚がった衣には、余分な油はほとんど残っていません。

保存する際に、容器の内側にキッチンペーパーを敷いて余分な油を吸収させる方法が紹介されていますが、本当にその必要があるのでしょうか?

もしそうだとすれば、それは揚げ方に問題があるかもしれません。

油から揚げる際、油の温度が低いと衣に多くの油が残ってしまい、食べる際に油っこく感じることがあります。

たとえば、低温でじっくり揚げるサツマイモでも、油から引き揚げる直前に一時的に火を強くし、油の温度を高くすると良いでしょう。

そして、油から引き揚げる際は、すぐにバットやキッチンペーパーに乗せず、フライパンの上で数秒待ちます。

油が衣の表面でブツブツと言っているのを確認してから取り出すと、油が切れたしるしです。

その後、キッチンペーパーの上にのせると、油のシミは少なくなります。

揚げ物を保存する際は、ラップに包んでそのままで大丈夫です。キッチンペーパーは必要ありません。

まとめ

スーパーのお惣菜の揚げ物が常温で販売されているのを見て、自家製の揚げ物もそのまま常温で保存していいと考えるかもしれませんが、実際には揚げ物を保存する際には冷蔵か冷凍することをお勧めします。

賞味期限は、冷蔵なら1日、冷凍なら1ヶ月が目安です。

揚げ物を保存する際には、キッチンペーパーは必要ありません。

上手な油の切り方をマスターすれば、油はほとんど出ないためです。

上手な油の切り方をぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました