お粥をお弁当にする時の持って行き方は?スープジャーやジップロックなど詳しく紹介!

食べ過ぎや胃の調子が悪い時、あるいは胃潰瘍や歯医者での治療中など、様々な理由でお粥を選ぶことがありますね。

お粥は消化負荷が軽く、噛みにくい場合でも歯茎への負担が少ないため、大変便利です。

しかし、職場や外出先でのお弁当としてはどうでしょうか?

そこで、お粥を外で食べる方法を考えてみました。皆さんの参考になれば嬉しいです。

まず、お粥はできたてが一番美味しいですね。

時間が経つと味が落ちてしまいますから…

お粥は欲しい分だけ作るのが理想ですが、胃の状態や歯医者での治療中など、様々な理由で保存せざるを得ないこともあります。

我が家でも、主人がインプラントの治療中に、硬い食べ物が食べられず、お粥や卵焼き、茄子のお浸しをタッパーに詰めて持たせたことがあります。

私も時々お粥が食べたくなることがありますが、多めに炊いて朝と昼に分けて食べたりしていますが、そんなに不味く感じません。

作り立てと比べると少し「もったり感」はありますが、手間を考えると、十分に許容範囲内です。その方が簡単で助かります。

ちなみに、お粥の賞味期限は、

夏場は約3〜4時間
冬場は約1日と言われています。

お粥は水分が多く、腐りやすいということもあり、お弁当としては悩ましいですが、それでもいくつかの方法がありますので、参考にしてみてください。

タッパーを使う

タッパーを使います。

お粥をタッパーに入れて、しっかり密閉しましょう。

温かいうちでも、冷ましてからでも構いません。
こぼれを防ぐために、タッパー全体をビニール袋で包みます。

可能であれば、電子レンジに対応したタッパーに入れて持って行き、
昼まで会社の冷蔵庫に保管し、食べる前に温めると便利です。

もしレンジで温められない場合は、お茶碗などに移し替えて温めてください。

ジップロックを使う

ジップロックも使えます。

ジップロックに、少し冷ましたお粥を入れてしっかり閉じたら、そのまま弁当箱に入れます。

会社にあるポットのお湯を使って、ジップロックごと約10分ほど入れておくと、温まります。

スープジャーを使う

スープジャーを使ってお粥を持ち運ぶことができます。

しっかりと密封すると、昼過ぎまで十分に温かい状態を保ちます。
特に寒い冬場には大変便利ですね。

スープジャーには、朝作って夕方まで暖かい状態を保てるタイプもありますので、探してみてください。

レトルト粥を利用する

スーパーやコンビニで販売されている「レトルト粥」を利用するのも良い方法ですよ。

価格は100〜150円前後で、白粥や玉子粥、梅粥などさまざまな種類がありますので、会社には給湯室やレンジがある環境であれば、簡単にお粥を楽しむことができます。

以上です!会社や外出先でお粥を食べる方法を紹介しました。

食べる直前に、軽く塩を振ったり、梅干しや塩こんぶ、塩鮭のフレークなどを加えると美味しくいただけます。
また、赤ちゃんの離乳食としても利用できますので、自分に合った方法で挑戦してみてください。

まとめ

お粥はできたてが最も美味しいですが、様々な事情で保存して会社や外出先で食べることがあります。お粥は水分が多いため、腐りやすいという特性もあり、季節によって賞味期限も変わります。特に夏場は気をつける必要があります。

もしも保存が難しい場合は、レトルトのお粥を利用することをおすすめします。入れる容器が決まったら、お粥を持ち出してから会社で食べる時間までを計算し、自分でお粥を作ってみて、保存の経過を確認することも大切です。

タイトルとURLをコピーしました