海老の頭の味噌汁が生臭い原因は?下ごしらえや上手な作り方も解説!

海老の頭の味噌汁が生臭いのは、そのまま使ってしまうからです。

しかし、海老の頭を事前に鍋やトースターで数分焼くか、煎るだけで、その生臭さは消え、美味しい海老出汁の味噌汁が楽しめます。

また、海老は時間が経つと鮮度が落ちるので、できるだけ当日に食べるか、出汁にして冷凍するのがおすすめです。

この記事では、生臭さを取り除く方法や、冷凍出汁キューブの作り方を詳しく紹介しています。

さらに、スーパーで鮮度のいい海老を選ぶ方法も簡単にまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

海老の頭の味噌汁が生臭い!臭み抜き方法は焼くだけ

海老の頭をそのまま味噌汁に入れて煮ると、生臭さが気になってしまいます。ですが、ひと手間加えるだけで、美味しい海老の頭の味噌汁が作れるんです。

焼いたり炒ったりするだけで、生臭さが消え、風味豊かな味噌汁ができあがります。具体的なやり方は、フライパンやオーブン、魚焼きグリルで焦げないように海老の頭の水分を飛ばすだけ。少し塩を振ると、海老から水分が出やすくなりますよ。

鍋やフライパンを使う方法では、海老の頭を入れて数分炒め、少し焼き色がついたら取り出します。オーブンを使う場合は、天板にクッキングシートを敷き、洗った海老の頭を並べて230〜250℃で5分焼きます。魚焼きグリルやトースターを使う場合は、アルミホイルを敷いて海老の頭を並べ、2〜3分焼き、ひっくり返して両面に焼き色がついたら取り出します。

これで海老の頭を焼いて味噌汁に入れるだけで、生臭い風味とはおさらばです。海老の旨みがたっぷり詰まった美味しい味噌汁が簡単に作れますよ。

海老の頭は、お刺身やおせち料理の車エビのうま煮の余ったものを使うことが多いですが、焼いてから味噌汁に入れると手間が省けます。また、味噌汁に入れるだけでなく、塩やオリーブ油、にんにくやコショウを使って焼くと、カリっと香ばしい海老の頭の塩焼きやガーリック風味のおつまみも作れます。

もし海老の頭が生臭いと感じる場合は、薬味や調味料を使って臭みを抜く方法もあります。ただし、生から調理する場合はしっかり下処理しましょう。海老の頭を焼いても生臭さが気になる場合は、しょうがやネギを味噌汁に入れてみてください。

海老の頭を茹でる際には、強火でグツグツ沸騰させると灰汁が出て臭みも出てきてしまうので、弱火で作りましょう。そして、余った海老の頭がある場合は、出汁を取って冷凍しておくと長期間保存できます。海老の頭を鍋やフライパンに入れ、コロコロ転がしながら煎り、塩を少し入れると水分が出やすくなります。数分で香ばしくなったら鍋に入れて弱火で煮ます。海老の大きさによって水の量を調整し、弱火で煮ていると水が黒っぽくなりますが、最後にこすので取らなくても構いません。煮たらザルで濾し、冷凍用の容器に入れて冷凍庫で保存します。

このように、海老の頭を焼いて味噌汁に入れるだけで、美味しい味噌汁が作れます。臭みを抜くために薬味や調味料を使う方法もありますが、しっかり下ごしらえをすることも大切です。

海老の頭の味噌汁が生臭いときの理由は鮮度

海老の頭を味噌汁に入れた際に生臭い理由は、鮮度の低下や適切な下ごしらえがないことです。

どんな食材でも同様ですが、特に生ものの魚介類は時間が経つにつれて鮮度が下がります。そのため、買ってきた海老はできるだけ当日に使い切り、冷蔵庫での保存は避けるべきです。

たとえ当日に使用したとしても、鮮度が良くないものを選んでしまうこともあります。スーパーで鮮度の良い海老を見分ける方法は比較的簡単です。

良質な海老は全体的にツヤがあり、頭や尾が黒ずんでいません。ツヤがあり、尾が赤くハリのあるものは新鮮な証拠です。一方で、ツヤがなく、尾や殻が黒や緑がかっているものは鮮度が低下しています。

また、スーパーでの購入時には難しいかもしれませんが、鮮度が低下すると海老の頭は不安定になります。無頭のエビを購入する場合は、尾をよく観察してください。殻をむいたエビはプリッとしており、透明で張りがあります。

さらに、パック内に水分が多くたまっているエビは品質が良くない場合がありますので、これらを避けるようにしましょう。

海老の頭の味噌汁が生臭いときの対処法や原因まとめ

海老の頭をそのまま味噌汁に入れると、どうしても生臭さが気になってしまいます。ですが、お湯に入れる前に頭を焼いたり煎ることで、生臭さが軽減されます。

数分焼くだけで、生臭さも気にならず、海老の頭から出る出汁で美味しい味噌汁が完成します。また、余ってしまった海老の頭が大量にある場合は、塩焼きやオリーブ油をかけてガーリック風味にして、簡単なおつまみにすることもできます。

それでも使い切れない場合は、海老の頭からだしを取って冷凍して保存してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました