ニラを冷凍するとまずいし辛い?解凍のコツや使い方も詳しく解説!

ニラは中華料理をはじめ、スープや炒め物など様々な料理に活用される万能野菜です。

栄養価も高く、手に入ると嬉しい食材ですが、傷みやすい性質も持っています。なるべく新鮮なうちに使い切るのが理想ですが、時には余ってしまうこともありますね。

そんなときには、冷凍保存がおすすめです。では、ニラを冷凍すると味や食感に影響はあるのでしょうか?

それについて解説していきます。また、冷凍したニラの解凍方法や、美味しく食べるためのレシピも合わせてご紹介します。

ニラを冷凍するとまずい?まずくならない保存方法

ニラは即座に使用する場合は冷蔵保存が問題ありませんが、大量に手に入れて一度に使い切れない場合などは冷凍保存がお勧めです。

使い勝手の良い切り方でカットし、冷凍すれば保存が容易になり、そのまま調理に利用することもできます。

以下がニラを冷凍保存する手順です。

ニラを望む長さにカットします。大きめに切ることで、ニラの風味と食感を保つことができます。
フリーザーバッグに広げて入れ、平らにして冷凍庫に収納します。
パラパラに凍ったら、袋を立てたまま冷凍庫に保存します。
ギョウザなどに利用する場合は、みじん切りにして保存することも可能です。ただし、みじん切りにするとニラの特有の香りが逃げやすくなるため、刻んだニラをラップで個別に包むと良いでしょう。

その後、先述の手順と同じようにラップごとフリーザーバッグに入れて保存します。

ニラを解凍する方法については、冷凍したニラを電子レンジや自然解凍すると風味や食感が変わってしまう可能性があります。そのため、冷凍したニラはそのまま加熱調理に使用するのが良いでしょう。

冷凍したニラはパラパラとほぐれやすいため、必要な分だけ袋から取り出して使うことができます。

ニラを冷凍するとまずい原因は解凍方法

ニラは冷凍保存が可能な野菜であることは先に述べましたが、保存や調理方法を誤ると味が損なわれてしまうことがあります。

美味しく食べるためのコツは、先程もお伝えした通り、解凍せずにそのまま使用することです。

解凍すると水分が流れ出し、食感がベチャベチャになってしまうからです。また、解凍によって栄養素も流れ出す可能性がありますので、できるだけ解凍せずに利用しましょう。

冷凍したニラを生で食べるのは美味しくないので、加熱調理することをおすすめします。

冷凍したニラは、生のニラに比べてやや食感や味が劣るかもしれませんが、それでも利点があります。

ニラ特有の強い香りは、メチインとアリシンという成分によって引き起こされます。包丁で切ることでこれらの成分が変化します。

切る前のニラは香りがそれほど感じられないのはそのためです。

メチインとアリシンには強い香りだけでなく、抗酸化作用や疲労回復効果などの栄養素も豊富に含まれています。

さらに、生のニラよりも冷凍させたニラの方がこれらの成分がより活性化するとされています。

このように、冷凍保存には長期間の保存と栄養価の向上というメリットがあります。

冷凍したニラの日持ちとスタミナ満点レシピ

冷凍したニラの保存期間は、およそ1ヶ月です。

ニラは非常に傷みやすい野菜なので、できるだけ早めに使用することをお勧めします。時間が経つにつれて風味や食感が徐々に落ちていきますからね。

ここで、冷凍したニラを使ったスタミナ満点のレシピをご紹介します。

【ニラ玉】(2人分)

材料:

冷凍ニラ・・・お好みの量
卵・・・2個
醤油・・・小さじ1
中華だし・・・小さじ½
油・・・適量
塩コショウ・・・少々
手順:

●印の卵、醤油、中華だしを混ぜ合わせておく。
油を引いたフライパンに凍ったままのニラを入れ、サッと炒める。
①を回し入れ、フワッと炒める。塩コショウで味を整えて完成。
ポイントは、卵に火を通しすぎず、フワッと炒めることです。

【ニラチヂミ】(2人分)

材料:

冷凍ニラ・・・1/2袋分
水・・・100cc
小麦粉・・・50g
片栗粉・・・40g
塩・・・小さじ½
醤油・・・小さじ½
ごま油・・・適量
コチュジャン、ポン酢・・・適量
手順:

ボウルに●印の水、小麦粉、片栗粉、塩、醤油を混ぜ合わせ、生地を作る。
①に冷凍ニラを加えてよく混ぜ合わせる。
フライパンにごま油を熱し、②を流し入れて形を整える。
焼き色がついたらひっくり返し、蓋をして同様に焼く。
蓋を取り、裏表1~2分焼いてカリッと焼き上げ、コチュジャンとポン酢を添えて完成。
生地には、スライスした玉ねぎやにんじんを混ぜるとさらに美味しくなりますよ。

ニラを冷凍するとまずいのは解凍方法が間違っていた

以上、ニラの冷凍保存に関する情報をご紹介しました。

この記事をまとめると、

ニラは冷凍保存が可能である。
冷凍したニラは解凍せずに、そのまま加熱調理に利用できる。
冷凍したニラの方が生のニラよりも栄養価が高い。
冷凍したニラの保存期間は約1ヶ月間である。
冷凍することで栄養価がアップすることは驚くべきことですね。

これからは、ニラが手に入った際には適切に冷凍保存しながら、様々な料理を楽しんでみてください。

タイトルとURLをコピーしました