きゅうり炒めがまずい理由とは?美味しいレシピも紹介!

きゅうりは、一般的に生で食べるイメージがありますね。

サラダや漬物など、冷たくして食べることが一般的です。

そのため、通常は加熱されないきゅうりを温かく調理すると、あまり魅力的に感じないかもしれません。

しかし、きゅうりを大量に消費したい場合や、生での消費が難しい場合もあります。

そこで今回は、きゅうりを加熱しても美味しく楽しめるレシピを紹介します。

きゅうりに火を通すとまずいと感じるのは何故?

実は、きゅうりは加熱すると皮が青臭くなってしまううえ、水分が多いため、炒め物などをするとベチャベチャになりやすいんです。

そのため、基本的にきゅうりは生で食べるのが一般的ですね。

確かに、サラダや漬物など、シャキシャキとしたみずみずしい食感が楽しいですよね。

でも、驚くことに、きゅうりを加熱しても美味しく食べられる方法があるんです!

きゅうりがたくさん余っていたら、ぜひ試してみてくださいね。

きゅうりに火を通すレシピといえばこちら

きゅうりと卵の炒め物

このレシピの主な材料は、きゅうり2本と卵2個です。

さらに、すりおろした生姜、塩、醤油、顆粒だしを少々用意します。

まず、きゅうりをピーラーで皮をむきます。皮は全部むかなくても構いませんが、青臭さが気になる場合は全てむく方が良いでしょう。

次に、きゅうりを縦半分に切り、斜めに薄くカットします。そして、少量の塩を振っておきます。

卵をボウルに割り入れ、塩を加えて混ぜます。フライパンにごま油を熱し、卵を軽く焼きます。固まったら一旦お皿に移します。

再びフライパンを熱し、ごま油とすりおろし生姜を加えて香りを出します。次に顆粒だしときゅうりを加え、炒めます。しんなりとしたら醤油で味付けし、卵を加えて全体を絡めれば完成です。

きゅうりと卵の炒め物は、簡単なのに美味しく食べられます。ミニトマトを加えても美味しいですよ!

・きゅうりとベーコンの炒め物

このレシピの材料は、きゅうり2本、ベーコン2~3枚、すりおろしニンニク、醤油、塩、胡椒です。

きゅうりは皮をむき、縦半分に切ってから斜めに薄く切ります。ベーコンは1cm程度に切り、ニンニクはスライスします。

フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニクを加えて香りを出します。ベーコンときゅうりを加え、醤油と塩、胡椒で味付けします。

このシンプルなきゅうりとベーコンの炒め物は、簡単に作れて美味しいです。ぜひお試しください!

きゅうりを茹でてお漬物にも!

もし大量のきゅうりを一気に消費したい場合は、茹でて漬け物を作ってみてはいかがでしょうか?

まず、4~5本のきゅうりを丸ごと沸騰したお湯で約2分間茹でます。茹で上がったら、ざるにあけて熱を冷まします。

熱が冷めたら、きゅうりを一口サイズの輪切りにカットしていきます。その後、切ったきゅうりをタッパーに入れて浅漬けの素を注ぎ、冷蔵庫で漬け込んでおきます。

すると、きゅうりが『きゅうりのキューちゃん』のように可愛らしい形になりますよ!

茹でることで、きゅうりの味がよく染み込みます。漬ける際には、お好みで鷹の爪も適量加えると、ピリッと辛くて美味しく仕上がりますよ。

まとめ

きゅうりを皮を剥いて炒めると、青臭さも軽減されて、意外にも美味しくなります。

さらに、茹でてから漬け物にすると、しっかりと味が染み込んだきゅうりの漬け物になるため、長期保存や大量消費にもぴったりです。

きゅうりは加熱しても美味しく食べられるので、余らせる心配はもうありませんね!

タイトルとURLをコピーしました