マッシュルームのぬめりは腐ってる証拠?買ったばかりでも黒いのはなぜか解説

近所の朝市が日曜日に開催されました。そこで、安価なマッシュルームを見つけてしまい、つい箱買いしてしまいました。

家に帰ってから気づいたのですが、意外にもたくさんの量でした。ミートソースやアヒージョなどを作って、かなり消費しましたが、まだまだ残っています。

しかし、3日ほど経った今朝、マッシュルームの表面にぬるっとした感触がありました。これって腐ってしまったのでしょうか?購入した時は新鮮だったので、腐るのが早いとは思えませんでした。

保存方法を誤ってしまったのでしょうか?マッシュルームの表面がぬめぬめしていても、それでも食べられるのでしょうか?

きのこ類の保存方法については、意外と多くの人が誤解しています。

今回は、マッシュルームの表面のぬめりの正体と、適切な保存方法についてご紹介したいと思います。

マッシュルームの表面のぬめりは腐っているサイン?

純白のマッシュルームは、その穏やかな味わいから、多くの料理に合うことでしょう。

一方、ブラウンマッシュルームは、少々風味が強く、グリルするだけで素晴らしいワインのお供になります。

ところが、マッシュルームは水や空気に非常に敏感なデリケートなキノコです。すぐに色あせてしまうこともあります。

さらに放置すると、乾燥してシワシワになったり、湿気を吸って表面がぬるぬるしてきたりします。

このぬめりは、マッシュルームが本来持つ菌とは異なる雑菌が付着している証拠です。

表面のぬめりだけなら、洗い流して調理する人もいますが、衛生的にはあまりおすすめできません。

マッシュルームの傷みの見分け方は?上手に保存するには?

マッシュルームの賞味期限は、採れたてから常温保存で約1週間ほどと言われていますが、空気や水に弱いため、泥の水洗いや切り分けて放置は避けるべきです。そうしないと、あっという間に腐敗してしまいます。

マッシュルームの泥は優しく拭き取り、そのまま冷暗所または冷蔵庫で保存します。しかし、それでも3〜4日で酸化が始まり、傘の裏が濃い茶色に変色してきます。この段階なら調理して食べることは可能ですが、購入時にすでにこの状態であれば、新鮮ではなく長持ちしないことが判別できます。

賞味期限が過ぎるとすぐに表面がぬるぬるし始めます。この時、新鮮なマッシュルームが土の香りを放つのに対して、アンモニア臭がする場合は腐っています。腐った臭いは、通常、表面のぬめりと比例して発生します。この場合、廃棄するしかありません。

ですから、多く買いすぎたり、すぐに食べないと感じたら、冷凍保存することをおすすめします。マッシュルームの石づきを取り除き、空気に触れないようにすぐにラップに包んでジッパー付き袋に密封保存します。これにより、だいたい1ヶ月は保つことができます。

冷凍後のマッシュルームは、火を通す料理に使用してください。凍ったままフライパンや鍋に入れて、すぐに調理できます。

まとめ

マッシュルームの表面のぬめりの正体と、適切な保存法についてお話ししました。

マッシュルームは水と空気に弱いため、腐食も早いのですね。

マッシュルームの風味と食感は、日を追うごとに減退します。

マッシュルームは新鮮なうちに食べるか、冷凍保存をお試しくださいね!

タイトルとURLをコピーしました