アボカドを冷蔵庫に入れてしまったけどダメ?保存方法を詳しく解説!

アボカドをスーパーで手に入れ、ついつい他の野菜と一緒に冷蔵庫にしまい込んでしまった経験、ありませんか?

そんな失敗をしてしまった方も多いはず。私もその一人です。買ってから早1週間、アボカドがまだ柔らかくならないんです。

果たして、アボカドを冷蔵庫に入れるのは正解なのでしょうか?それとも、常温に戻せば柔らかくなるのでしょうか?

答えは、アボカドの追熟に温度が大きく影響するということです!

ここでは、冷蔵庫内で硬いままのアボカドを柔らかくする方法や、常温に戻す際のポイントについてご紹介します。

アボカドを冷蔵庫に入れたら固いまま!どうしたら柔らかくなるの?

安売りで手に入れたまだ青々としたアボカドを買ってしまった経験、ありますよね。そんな時、スーパーでは冷蔵庫で販売されていることもあり、つい冷蔵庫に入れてしまうこともあるでしょう。

しかし、冷蔵庫で青いアボカドを保存しておくと、なかなか柔らかくならないものです。これは、アボカドが本来南国で育つ植物であり、低温では追熟が停止してしまうからです。さらに、5℃以下の環境に置くと、低温障害を起こし、中身が黒ずんでしまうこともあります。

早く食べたい時や柔らかくしたい時は、まず冷蔵庫から出しましょう。アボカドを冷蔵庫から取り出して、常温に戻すことで追熟が再開されます。

それともう一つの方法として、エチレンガスを多く含む果物と一緒に保存する方法があります。リンゴやバナナ、桃などがその例です。これらの果物とアボカドを一緒に置くと、常温でも冷蔵庫でも追熟が早くなります。

ただし、追熟の速度はかなり速いので、頻繁にチェックし、食べ頃になったら即座にそれらの果物から離すようにしましょう。

アボカドを冷蔵庫から常温に戻すときに注意すべきこととは?

アボカドの最適な食べごろは、切った際に過度に崩れず、全体的にクリーム色の果肉が特徴です。

アボカドの皮が緑から黒へと変化し、指で軽く押してやや柔らかい感触がある程度が、食べごろの合図です。

しかし、硬いアボカドを柔らかくする最も効果的な方法は、常温での保存です。

ただし、冷蔵庫から急激に室温に移す際には注意が必要です。

低温で保存していたアボカドを急に温度を上げると、水滴が表面につくことがあります。

この水滴は意外にも大敵で、気温の変化とともに皮や果肉を劣化させ、全体的な品質を低下させる原因となります。

したがって、冷蔵庫から取り出したアボカドが数分後に水滴を生じた場合は、キッチンペーパーや清潔な布で丁寧に拭き取りましょう。

そして、アボカドは直射日光が当たらず、風通しの良い場所に置いて徐々に追熟させるようにします。

急いで柔らかくするために直射日光に当てると、熟しムラが生じ、味が損なわれてしまう可能性があります。

冷蔵庫から常温に戻す際には、慎重に行いましょう!

まとめ

先ほどは、冷蔵庫で保存された硬いアボカドを柔らかくする方法についてご紹介しました。

アボカドは常温で追熟するため、急いで食べたい場合はリンゴやバナナなど、エチレンガスを放出する果物と一緒に置くことで、柔らかくなることができますね。

しかし、食べごろを見誤ってアボカドを硬いまま切ってしまった場合は、熱を加えることで果肉の表面を柔らかくすることができます。

タイトルとURLをコピーしました