ご飯は温かいまま冷蔵庫や冷凍庫に入れていいのか詳しく解説!

うちでは、夕食時にご飯を一度にまとめて炊き、それをラップで包んで小分けにして保存しています。

友人に「温かいうちに冷蔵庫に入れるのは良くないよ」と言われたことがあります。

これって本当なんでしょうか?

ご飯を熱いまま冷蔵庫に入れてもいいのでしょうか?

また、ご飯を冷凍保存する場合は、熱いままではダメなのでしょうか?

ご飯の保存方法は、一見すると分かりやすいようで謎が多いですよね。

そこで、炊きたてのご飯を保存する際は、温かいうちに冷蔵庫に入れるのが良いのでしょうか?

また、ご飯を冷凍保存する際は熱いうちに入れてもよいのでしょうか?

今回は、ご飯の保存方法について詳しく解説します。

炊きたてご飯を冷蔵庫で保存する場合のコツとは?

ふっくらと熱々の炊きたてご飯を美味しく保管する秘訣は、湯気が立っている状態でラップなどで包むことです。

炊きたてのご飯はふっくらしてみずみずしいですが、余ったご飯を炊飯ジャーで保温しておくと、乾燥して美味しくなくなることがあります。

これは、ご飯の水分が徐々に抜けてしまうからです。

お米を炊く前にしっかりと水を含ませると、お米のデンプンが糊化し、炊き上がったご飯がほどよい粘りとみずみずしさを持ちます。

しかし、炊きたてのご飯が冷めて水分が抜けると、デンプンが劣化し、うまみが失われます。

ですから、デンプンが劣化する前に、美味しさを封じ込める必要があります。それが、炊きたてご飯の湯気です。

湯気を伴ったご飯はうまみが満点です。保存する際は、湯気と一緒に包み込むことが大切です。

また、冷蔵庫は乾燥しやすいので、乾燥を防ぐためにもしっかり密封することが重要です。

余ったご飯を冷蔵庫で保存する場合は、ギュッと押し付けずにふっくらと平らにならし、ラップや容器に入れましょう。

そして、ラップなどで包んだご飯を温かいうちに冷蔵庫に入れると、冷蔵庫内の温度が上がってしまいます。少し温かみを感じるぐらいに冷ましてから入れると良いでしょう。

ご飯の冷凍は熱いままが正解!

ご飯を炊いて冷蔵庫に保存すると、時間が経つにつれて乾燥して美味しさが薄れてしまいます。一晩程度であれば問題ありませんが、でんぷんの劣化を避けたり、水分で腐らないようにするには、冷凍保存がおすすめです。

ご飯を冷凍保存する際には、炊きたてに近い熱々の状態でラップに包みます。これにより、ご飯からの蒸気を含んだまま保存できます。

もしラップがない場合は、何を使って保存するか悩むかもしれませんが、そのような状況でも〇〇を使って解決する方法があります。

冷凍する最適なタイミングは、温かい状態です。ご飯が冷めると、水分が飛んでしまい、解凍後にパサパサになる可能性があります。

ただし、炊き上がり直後に冷凍庫に入れると、庫内が温められて霜が発生する恐れがあります。そのため、ラップで包んで密封し、さらにアルミホイルで包んでから冷凍庫に入れると良いでしょう。アルミホイルに包むことで、冷気が伝わりやすくなり、ご飯を迅速に冷凍できます。

冷凍したご飯は約1ヶ月保存できますが、時間が経つにつれて味が落ちるため、できるだけ早く食べることをおすすめします。個人的には、1週間程度で食べ切るようにしています。

まとめ

ご飯をおいしく保存する方法についてご紹介しました。

ご飯のおいしさをキープするためには、湯気ごと密封することが大切です。

冷蔵庫に長時間入れておくと乾燥してしまうので、ご飯の保存には冷凍が最適です。

ご飯の湯気を含んだまま、できるだけ早く一気に冷凍することが、ご飯を上手に保存するコツです。

タイトルとURLをコピーしました