トマトの紙パック入りは体に悪い?安全性や保存期限も詳しく解説!

トマトを活用した料理は、世界中で愛されています。煮込み、パスタ、スープ、サラダなど、その使い道は多岐にわたります。

夏にはトマトが豊富に出回り、新鮮なものを手に入れやすいですね。多くの人々がフレッシュなトマトを購入します。一方、秋冬になるとトマトの価格が上昇し、そのためにトマトの缶詰や紙パックがよく利用されます。保存期間が長いので、多くの家庭で常備品として活用されています。

ところで、トマトの紙パックが体に悪いと言われています。今回は、その理由を調査してみましたので、最後までご覧ください。

トマト の紙パックは 体に悪いと言われる理由

トマトの紙パックは長期保存に便利ですが、内側にはBPA(ビスフェノールA)というプラスチックの原料と同じ化学物質がコーティングされています。このBPAが微量にトマト缶の中のトマトに溶け出すことが、体に悪いとされる原因です。BPAの摂取量が増えると、神経や行動に影響を及ぼしたり、乳腺や前立腺に問題を引き起こしたり、ホルモン作用を乱す可能性が報告されています。

しかし、BPAフリーの紙容器のトマトも市場に存在します。これらの商品は、紙パックの底面にTetraなどの印字があります。これはすべてBPAフリーの紙パックを示しています。底面の印字を確認することで、安心して購入できます。また、SIGなどの記載がある商品も、BPAフリーの種類があります。購入前に食品メーカーに問い合わせることで、安全性を確認できます。

トマト缶が危険な理由

金属の劣化を防ぐために、一部のトマト缶にはBPAが内側に塗布されています。しかし、これが健康にとって危険な理由もあります。

BPAを避けたい場合は、イタリア産のBPAフリー有機トマト缶を購入することをおすすめします。さらに、他国で生産されたトマトが最終的にイタリアで加工された場合、それらの製品はイタリア産のトマト缶として販売されます。

BPAやトマトの産地について気になる方は、インターネットで産地情報が詳細に記載されている会社のトマト缶を選ぶことが安心です。

トマト の紙パック、開封後の安全性は?

トマトの紙パックは未開封の状態では常温で保管可能ですが、一度開封すると要冷蔵となり、早めに2~3日以内に使用することをおすすめします。

一部の会社の商品では、開封口を折りたたんで清潔に保管できる便利な仕組みがあります。しかし、それ以外の紙パックのトマトは、ガラス容器やジップロックなどに移し替えて保管するとより管理しやすくなります。

水分がついた容器での保管はカビの原因となります。カビが生えた場合は、全て処分しましょう。予定よりも2~3日間保存する必要がない場合は、開封後すぐに冷凍保存しましょう。

トマトをジップロックに薄く平らにして凍らせ、完全に凍りきらないうちにジップロックごと割っておくと、次回使用するときに好みの量で取り出せます。

冷凍保存しても1か月以内に使い切ることをおすすめします。

トマト 紙パック 保存期限は?

トマトの紙パックの賞味期限は、必ず食品会社の指示に従いましょう。しかし、保存場所の気温が適切でないと、紙パックが膨張して破裂する可能性があります。特に夏場の保管場所には注意が必要です。

もし紙パックが膨張している場合、腐敗が原因である可能性があります。このような場合、食品が劣化している可能性が高く、食中毒のリスクもあります。そのため、膨張しているトマトは処分することをおすすめします。

トマト 紙パック 離乳食に害はあるのか?

トマトには栄養価があり、離乳食初期から約5〜6か月の赤ちゃんに与えることができます。紙パックのトマトは皮をむく手間が省ける上、完熟しているため柔らかく、調理しやすいです。

ただし、トマトの種は消化されずに下痢の原因になることがありますので、赤ちゃんに与える際には取り除いてください。また、塩分が含まれていないものを選び、トマト缶の中のトマトは水煮されているため、必ず再加熱してから食べさせましょう。

日本の食品衛生法では、BPAの耐容一日摂取量が定められています。赤ちゃんの場合、基準値を超える心配はありませんが、BPAはトマト容器に限らず、飲料缶や食品の缶詰にも使われています。厚生労働省は特に妊婦、胎児、幼児に対して注意を呼びかけており、BPAの影響については懸念があります。そのため、紙パックのトマトを使用する際には、BPAが使用されている容器全体に注意を払うことをお勧めします。

トマト缶 と紙パック 違いは?

トマト缶は、缶に封入されたトマトのことです。缶の内部には、トマトを保存するためのコーティングが施され、密閉されているため、トマトを酸化や汚染から保護します。これにより、トマトを長期保存することが可能であり、トマトの旬が過ぎても食べることができます。

一方、紙パックは、紙とプラスチックフィルムを使用してトマトを包装する方法です。紙パックは軽量で持ち運びが容易であり、環境に優しい素材が使用されているものもあります。しかし、パックに含まれる化学物質がトマトに移る可能性があるため、健康上の懸念があります。

トマト缶と紙パックのどちらを選ぶかを考える際には、以下の点を考慮すると良いでしょう:

長期保存する場合は、トマト缶を選びましょう。
持ち運びが容易なパッケージが好みの場合は、紙パックを選びましょう。
健康を気遣う場合は、トマト缶を選びましょう。
紙パックは化学物質が移る可能性があるため、健康上の問題が生じる可能性があります。そのため、使用目的や状況に応じて、適切な包装方法を選択してください。

トマト缶は 離乳食 に危険なの?

トマト缶は一般的には離乳食に使用しても安全ですが、注意が必要です。まず、トマト缶には添加物や塩分が含まれている場合があるため、与える量や頻度には注意が必要です。また、缶の内側に使われているコーティング剤にビスフェノールA(BPA)が含まれている場合があります。しかし、現在はBPAを使わないトマト缶が多く販売されているため、選ぶ際には表示を確認しましょう。

トマト瓶 体に悪い

トマト瓶は一般的に問題なく使用できますが、注意が必要です。まず、トマト瓶はガラス製であり、割れると危険です。そのため、使用する際には割れていないか、傷やヒビがないかを確認しましょう。

さらに、トマト瓶には添加物や塩分が含まれている場合があります。これらは大量に摂取すると健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、トマトジュースを飲む場合は適量を守って飲むようにしましょう。

また、トマト瓶の中に使われているコーティング剤にビスフェノールA(BPA)が含まれている場合があります。しかし、現在はBPAを使わないトマト瓶が多く販売されているため、選ぶ際には表示を確認してください。

以上のように、トマト瓶には注意すべき点がありますが、適切な取り扱いや量で使用する場合には問題はありません。

タイトルとURLをコピーしました