わらびもちは冷蔵庫で保存できる?固くならない方法も紹介!

わらびもちが余ったり、作り置きしたい時、保存方法が気になりますよね。
では、どうやって保存するのがベストなのでしょうか?
今回は、わらびもちの保存方法と賞味期限についてご紹介します。

常温保存は?

わらび餅の常温保存について、手作りのものとお店で販売されているもので賞味期限が異なります。お店で販売されているわらび餅の場合は、パッケージに記載されている賞味期限を参考にしてください。

手作りのわらび餅を保存する場合は、直射日光を避けて涼しい場所で保管しましょう。夏の暑い時期には保冷剤を使ったり、氷水に浸けたりすると良いです。保存できる時間は、夏場の暑い時期なら4〜6時間程度、冬場の寒い時期で室温が低い場合は12〜24時間程度、それ以外の場合は6〜12時間程度です。

ただし、地域や砂糖の量、室温によって保存時間は異なるので、参考程度にしてください。

常温で保存したわらび餅を食べる際には、冷蔵庫に20分程度入れてから食べると、冷たくて美味しいです。ただし、それ以上の時間は冷蔵庫に入れないようにしてください。

冷蔵保存は?

わらび餅は冷蔵保存すると、デンプン質が劣化し、白くなり固くなってしまいます。そのため、わらび餅は冷蔵保存には向いていません。しかし、常温では保存期間が非常に短いため、作り置きには適していない食べ物と言えます。

どうしても保存したい場合は、保存後にお湯で茹でると、再び透明な状態に戻ります。ただし、浸けすぎると溶けてしまうので、注意が必要です。作りたてのようには戻りませんが、食べることができる程度には戻ります。また、茹でた後は氷水に浸けて冷やすと良いでしょう。

保存方法としては、ラップで包んで保存するか、タッパーなどに入れて保存すると良いでしょう。保存期間(賞味期限)の目安は2〜3日程度です。それ以上保存すると、冷蔵庫の中でも菌が繁殖する可能性があり、腐るおそれがあります。

冷凍保存は?

わらび餅は冷凍保存できるかということですが、実は冷凍保存が可能です。

冷凍保存方法としては、できるだけ平らになるようにしてラップに包み、フリーザーバッグに入れて空気をしっかりと抜いて保存します。金属トレーの上に置いて凍らせるか、もしくは急速冷凍機能が付いている場合はその機能を使用して凍らせることで、劣化を抑えることができます。

解凍は常温で自然解凍するようにしましょう。冷蔵庫に入れて解凍すると、デンプン質が劣化する可能性があるため、常温で解凍するように心がけましょう。再冷凍は避けてください。食感が悪くなる可能性があります。

保存期間(賞味期限)の目安は、およそ1ヶ月程度です。それ以上保存すると冷凍焼けなどの影響で食感が変わる可能性があります。

腐ったらどうなるの?どうなったら食べない方がいいの?

以下の状態になっている場合は、食べない方が良いでしょう。

カビが生えている
糸を引いている
ネバネバしている
わらび餅が溶けている
すっぱいにおいがする
すっぱい味がする
特に常温で長時間置いておいたり、冷蔵庫で長期間保存していたものは、見た目やにおい、味などを確認して大丈夫なようであれば食べても大丈夫ですが、少しでも違和感がある場合は食べないようにしましょう。

上記のような状態になってから茹で直しても、菌が生成した毒素は除去されませんので、食べないようにしてください。

まとめ

ご提供いただいた情報はとても分かりやすく、わらび餅の保存方法について包括的に説明されていますね。以下はその内容をまとめたものです。

わらび餅は日持ちしない食べ物で、多くの場合、当日中に食べることが適切です。特に手作りのわらび餅は当日中に食べるべきですが、夏場などでは菌が繁殖しやすくなるため、時間との競争になります。

冷蔵保存すると、わらび餅が白く固くなり、食感が大きく変わってしまいます。しかし、冷蔵保存後に茹で直せば、食べられる状態には戻ります。作りすぎた場合は、冷蔵保存も一つの選択肢です。

また、冷凍保存も可能であり、作りすぎた場合は冷凍保存することで長期間保存が可能です。ただし、冷凍保存後のわらび餅は作りたての食感には及びませんが、食べられる状態にはなります。

しかし、どちらの保存方法を選んでも、やはり作りたてが一番美味しいということを忘れないようにしましょう。作り置きは避け、食べる分だけ作ったり購入したりすることが良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました