キウイが柔らかいけど食べれる?ふにゃふにゃでも美味しいレシピを紹介!

キウイは本当においしいフルーツです。

酸味と甘さが絶妙に組み合わさっており、そのまま食べても、デザートに使っても最適です。

しかし、時折キウイが柔らかくなることがあります。

この柔らかい状態のキウイ、果たして食べることができるのでしょうか?

今回は、柔らかいキウイの食べ方について詳しくご紹介いたします!

キウイが柔らかいのは熟しすぎ?食べられる?

キウイは、スーパーで購入した直後はしっかりとした食感を持っていますね。

しかし、時間が経つとキウイは柔らかくなることがあります。では、この柔らかくなったキウイは食べられるのでしょうか?

結論から言うと、柔らかくなりすぎていない限り、食べることができます。

詳しく説明していきましょう。

実は、スーパーで買う段階のキウイは、まだ完熟前の状態であることが多いです。

キウイは収穫後、完熟までに追熟の期間を必要とするため、出荷前には完熟前の状態で店頭に並ぶことがあります。

ですから、自宅でキウイを追熟させることで、より美味しく食べることができるのです。

キウイの食べ頃

キウイの完熟にかかる期間は、通常、常温保存の場合には約3日から5日ほどかかります。

一方、冷蔵庫で完熟させる場合には、約7日ほどの時間が必要となります。

完熟したキウイは、柔らかくなるだけでなく、甘さも増して、より美味しく楽しむことができます。

ですので、キウイを上手に完熟させ、食べ頃を見計らってお召し上がりいただくことをおすすめします。

キウイが柔らかいけど腐ってるかどうか知りたい!色は何色になるの?匂いは?

キウイを食べる際に、柔らかくなることは完熟の合図と言えます。しかし、一度柔らかくなりすぎると、腐敗の兆候かもしれません。腐ったキウイを摂取すると、食中毒のリスクがあるため、注意が必要です。

そこで、キウイが完熟しているか、または腐っているかを見極める方法を紹介します。

  1. ぐにゃぐにゃとした柔らかさ:
  • 完熟のキウイは柔らかいですが、芯はしっかりしており、形を保っています。
  • 腐ったキウイは全体がぐにゃぐにゃしており、芯が感じられません。
  1. 水分が出る:
  • キウイが腐ると、全体から水分が滲み出てきます。
  • 水分が多くなり、形が崩れた場合、腐敗が進行している可能性が高いです。
  1. 中心が赤茶色い:
  • キウイを切ってみると、腐ったキウイは中心部分が赤茶色に変色しています。これは果肉の酸化によるものです。
  1. 異臭がする:
  • キウイが腐っていると、特有の酸っぱい匂いや発酵臭がします。
  • 甘いキウイの香りが失われ、不快な匂いがする場合は要注意です。
  1. 舌に痺れが残る:
  • キウイは本来甘いですが、腐ったキウイは酸味やえぐみが強まり、舌に痺れを感じることがあります。

以上のポイントを考慮して、キウイが食べ頃かどうかを判断しましょう。キウイは美味しい果物ですが、傷みやすいので、すぐに食べない場合は輪切りにして冷凍保存することもおすすめです。冷凍保存なら約1ヶ月間保存できますので、試してみてください。

キウイが柔らかい!食べ頃や腐っている場合の色や匂いを調査!まとめ

キウイは程よく柔らかい状態で美味しく食べることができます。

スーパーで買うキウイは通常、完熟前の状態で提供されます。

そのため、自宅でキウイをしばらく寝かせておけば、自然に柔らかく完熟させることができます。

ただし、過度に熟すとキウイは腐敗の兆候が現れる可能性があります。

腐ったキウイは柔らかすぎるだけでなく、他にもいくつかの特徴があります。

また、腐ったキウイを食べると食中毒のリスクがあるため、注意が必要です。

ですから、程よく柔らかくて美味しいキウイを楽しむために、キウイの状態に気を付けて食べるようにしましょう。

キウイの保存にエンバランス保存袋がおすすめ

キウイの食べ頃を見極めるのが難しいことや、お得なときにまとめ買いする際に、エンバランス保存袋が非常に便利です!

この保存袋を使うことで、野菜や果物が驚くほど長持ちし、食材の廃棄が大幅に減少します。また、お得な大容量の食材も購入できるため、節約にも貢献します。

保存袋はどれも同じだと思っていたかもしれませんが、実際に使ってみるとその違いが明らかです。

食材の鮮度を保つことは非常に重要で、野菜や果物を長く新鮮な状態で楽しむために、ぜひエンバランス保存袋を試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました