キウイ熟すぎ注意!過熟になる前のヒント

キウイが柔らかくなった!過熟?食べごろや腐っている場合の見分け方を探る

キウイはおいしいですね。酸味と甘さが混ざり、そのままでもスイーツにも使えます。しかし、時間が経つと柔らかくなることがあります。この柔らかい状態のキウイ、果たして食べられるのでしょうか。今回は、柔らかいキウイについて解説します。

キウイが柔らかいのは過熟?食べごろか否かを考える

スーパーで買った直後のキウイは張りがありますね。時間が経つと柔らかくなりますが、この柔らかいキウイ、果たして食べられるのでしょうか?結論から言えば、柔らかすぎなければ食べられます。詳しく解説します。実は、店頭に並ぶ段階ではまだ完熟前のキウイです。賞味期限の関係で、完熟前から出荷され、店頭に並べられます。追熟させることでより美味しく食べることができます。

キウイの最適な食べごろ

キウイの完熟までの期間は、常温保存だと3日から5日程度です。冷蔵庫での完熟だと約7日かかります。完熟すると、キウイは柔らかくなるだけでなく、甘みが増してより美味しくなります。上手に完熟させて、食べ頃を見計らってお召し上がりください。

柔らかいキウイの腐り具合を確認!色や匂いで判断する方法

キウイが適度に柔らかくなると完熟の兆候です。しかし、あまりにも柔らかくなると腐っている可能性があります。腐ったキウイを摂取すると食中毒の危険があるため、注意が必要です。キウイが完熟しているのか、それとも腐っているのかを見極める方法について考えてみましょう。

ふにゃふにゃとした柔らかさ

キウイが柔らかいというのは完熟している証拠です。しかし、完熟の場合は柔らかくても、中にはしっかりとした芯があり、形はしっかり保たれています。一方、腐っているキウイは、芯が感じられず、全体がぐにゃぐにゃしています。

水分が滲む

キウイが腐ると、柔らかさと同様に水分が全体から滲み出てきます。水分が抜けて全体が柔らかくなり、形を保っていない場合は、食べるのが危険です。

中心部が赤茶色

キウイが腐っているかどうかは切ってみると分かります。腐っているキウイは切ったときに中心部が赤茶色になっています。これは果肉が酸化して傷んでいるためです。

異臭が漂う

見た目や触感以外にも、キウイが腐っているかどうかはわかります。腐っているキウイは酸っぱい匂いがします。これは一般的な食材でも同様ですね。また、キウイの場合、アルコールの発酵臭がすることもあります。これは、キウイに含まれる酵母がキウイのアルコール分解を行うためです。これらの匂いがする場合、キウイ特有の甘さはもうほとんど残っていません。

舌がしびれる

キウイを食べたときに舌がピリピリと痺れる場合は注意が必要です。本来のキウイの甘さは自然なものですが、腐った場合の酸っぱさは異物感があり、えぐみも混じります。柔らかくなっている場合でも、キウイが腐っている可能性があります。キウイは美味しいですが、傷みやすいです。ですので、すぐに食べられない場合は、輪切りにして冷凍保存しましょう。冷凍保存すれば、約1ヶ月間保存できます。ぜひお試しください。

キウイが柔らかい!食べごろや腐っている場合の見分け方を調査!まとめ

キウイは適度に柔らかければ食べることができます。スーパーで販売されているキウイは通常、未熟な状態です。家に置いておくことで柔らかくなり、完熟させることができます。しかし、過度に熟すとキウイは腐る可能性があります。腐ったキウイは柔らかすぎるだけでなく、他にも特徴があります。また、食べると食中毒になる可能性があるため、注意が必要です。程よく柔らかくて美味しいキウイを楽しんでください。

エンバランス保存袋でキウイを保存するのがおすすめ

キウイの保存にはエンバランス保存袋がおすすめです! 鮮度が命の野菜や果物の保存にお困りの方は、ぜひ一度試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました