ロールキャベツの日持ちは常温でどれくらい?3日目でも大丈夫なのか解説!

たくさんのロールキャベツを作ってしまった場合、食べきる前に腐らせずに保存方法や消費期限について考えることが重要です。

今回は、ロールキャベツの保存方法と賞味期限についてご紹介いたします。

残ったロールキャベツの日持ちと保存について知りたい!

キャベツの下茹でやミンチの捏ねる作業、そして成形後のスープでの煮込みなど、ロールキャベツは確かに手の込んだ料理ですね。そのため、面倒くさくてなかなか作らない方も多いでしょう。

しかし、その手間をかけた甲斐があるのは、とろとろのキャベツに包まれた、スープの味が染み込んだミンチ肉の絶妙な組み合わせが、他の料理にはない特別な味わいを楽しめるからです。私も大好きです!

なので、一度作るならたくさん作って、何回かにわたって楽しむのがいいですね。その際、保存方法と保存期間についてもしっかり調べてみましたので、ご安心ください。

ロールキャベツは常温で保存できる?

ロールキャベツの保存方法で一番楽なのは、完成したら鍋に入れたままコンロの上で常温放置することですが、残念ながらロールキャベツは常温での放置はおすすめできません。

通常、ロールキャベツは2時間くらいで夫が帰宅するまで待つことができるでしょう。ただし、夏の暑い日にはキッチンが熱くなることも心配されます。

2日目もOK♪冷蔵庫での保存期間

数時間以上保存したい場合、ロールキャベツはなるべく早く冷まして冷蔵庫に保管するのがベストです。作った日を含めて3日から4日程度が保存目安となります。

ロールキャベツは、火を止めてから冷蔵庫に入れるまでの中途半端な温度の時間帯で痛みやすいため、完成したら食べる分を取り分け、残りを鍋ごと氷水につけて急速に冷やすのが理想的です。

容器は清潔であれば、タッパーウェアでもスープ皿でも鍋のままでも問題ありませんが、1食分以上残っている場合、全体を温め直すとキャベツが溶けて崩れやすくなるため、温め直すのは食べる分だけにしておくことをおすすめします。

たくさん作っても安心な冷凍保存

しかし、3日や4日も冷蔵庫で保存するのは少し不安だと感じる方には、素晴らしい情報があります!

ロールキャベツは冷凍保存も可能です。温め直しても見た目に劣化することなく美味しさを保つことができるので、冷凍に向いた料理と言えるでしょう。

スープごと密封容器やフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて冷凍庫に保管すれば、一ヶ月を目安に保存できます。これを機に、冷凍庫のスペースを有効活用し、たくさん作ってみてはいかがでしょうか!

スープごと冷凍すれば、乾燥しにくく、風味も豊かです。スープなしで保存する場合でも、個別にラップで包んでから冷凍することで、しっかりと保存できます。個別に冷凍したロールキャベツは、お弁当にも便利なアイテムとなりますよ!

煮込む前VS煮込んだあと

確かに、ロールキャベツを冷凍保存する際、煮込んでから冷凍するか、煮込む前に冷凍して調理するか、悩むことがありますね。

一気に煮込んでしまう方が手間は減りますが、よりおいしく作り置きしたいという場合、別の日に調理する手間を惜しまないこともあるでしょう。どちらが良いかは好みにも依存しますが、衛生面を考慮すると、手で捏ねた生のひき肉は冷凍しても若干のリスクがあるため、火を通してから冷凍する方が安全です。

おいしさに変化はほとんどなく、一気に煮込んで冷凍した場合に劣化しやすいということはありません。

煮込む前に冷凍した場合、スープを異なる味わいで楽しむこともできます。最初はトマトソース、次回はクリームソース、最後にコンソメスープといったバリエーションが、まとめて作ったロールキャベツで楽しめるのは魅力的ですね。自分の好みや状況に合わせて選ぶのが良いでしょう!

ロールキャベツの解凍と温め直しかた

冷蔵庫または冷凍庫で保存したロールキャベツは、強火で急速に温めると中まで火が通る前にキャベツが煮崩れる可能性があることを忘れてはいけません。

したがって、冷凍している場合、まずは自然解凍するか、急ぎの場合には流水で解凍し、鍋で中~弱火でゆっくりと温めるのが理想的です。

鍋の洗い物を減らしたい場合、ロールキャベツが凍っていない場合は、キャベツを爪楊枝で固定していないか確認し、レンジでチンしても問題ありません!

なお、生のまま冷凍したロールキャベツは、冷凍したままスープに入れて煮込むことができます。ただし、中まで火が通るのに時間がかかるため、弱火でじっくりと温めることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました