「お弁当サラダのアイデアとレシピ」

お弁当サラダの作り方ポイント5つ【おすすめ容器・アイテムも】

当サイトでは、商品の紹介にアフィリエイトプログラムを利用しています。お弁当にサラダを持ち運びたいけど、衛生的に大丈夫かな?そんな悩みにお答えします。この記事では、サラダづくりの注意点と便利なお弁当アイテムを紹介します。生野菜を使ったサラダが外出先でも食べられるようになりますよ。

  1. お弁当サラダの配慮事項
    1. お弁当サラダの配慮ポイント
  2. お弁当にサラダを持ち運ぶ際に気をつけなければならないことは、食中毒です。食材に細菌やウイルスが付着し、それを摂取することで食中毒が引き起こされます。傷んだ食材を食べることが問題であり、「おいしくない」
    1. お弁当サラダを傷めない3つのポイント
  3. 食中毒予防のためには、この3つが肝要です。しかし、生野菜を使ったサラダでは、これらが全て通用しません。制約があり、通常のお弁当よりもハードルが高くなります。目に見えない危険が潜んでいます。そのため、サラダでは「付けない」「増やさない」工夫が必要です。
    1. サラダづくりのコツを、調理の流れに沿って5つ紹介します。
    2. 保存容器は殺菌することが重要です。細菌を付けないために効果的です。最も推奨される方法は煮沸です。高温で殺菌できますが、耐熱性のない容器もあります。漂白剤やアルコールで除菌することもできます。キッチンハイターは除菌効果があり、漂白・消臭・カビ取りにも利用できる万能なアイテムです。また、パストリーゼは食品に直接ふきかけても安心のアルコール剤で、キッチン周りの除菌に便利です。
    3. サラダ作りでは手で触らず、清潔な調理器具を使用します。これは細菌を避けるために効果的です。人間の手には常在菌が存在し、手洗いしても完全に取り除くことができません。健康な人でも、菌が付着しています。これらの菌がお弁当に入ると、繁殖して食中毒を引き起こす可能性があります。お弁当作りでは手袋を使用することをおすすめします。また、野菜をカットする包丁やまな板は清潔なものを使いましょう。消毒には熱湯や漂白剤が効果的です。状況に応じて対策を選ぶことも重要ですが、安全を考えると予防が肝心です。
    4. 作ってから食べるまでの間は、冷やした状態で保存します。これは細菌の増殖を防ぐために効果的です。季節や持ち運ぶ時間に関係なく、保冷剤を使用しましょう。
    5. ドレッシングの扱いも重要です。ドレッシングは食べる直前にかけるのがポイントです。これは細菌の増殖を防ぐために効果的です。ドレッシングをかけてから時間が経つと、野菜から水分が出てしまい、サラダが早く傷んでしまいます。また、水気の多いサラダは食感が悪くなります。
  4. お疲れ様でした。無事にサラダランチにありつけます!しかし、これだけ注意していても、サラダが悪くなる場合もあります。ニオイや色、味が「おかしい」「怪しい」と感じたら、口にしないようにしましょう。うん、こういう勘って当たるからね。
    1. サラダ好きのサラダお弁当ルーティーン
  5. わたしの場合、お弁当サラダは平日に会社で食べるランチ用に作ることが多いです。こんな段取りで作って持ち運んでます。 段取り作業① 準備: 調理器具、サラダ容器はパストリーゼで除菌、調理中は手袋を装着 段取り作業② 調理: 葉野菜をひとくちサイズにカット、水気の多い野菜は入れないか、カットを工夫(例: トマトはミニトマトをそのまま入れる)、キッチンペーパーで余分な水気はオフ 段取り作業③ 持ち運び: 保冷剤を詰めて持ち出し(〜1時間)、会社に着いたら冷蔵庫へ
    1. 食中毒は防止が必要ですが、それ以外にもサラダならではのお弁当問題があります。
    2. 水分量が多い野菜は、鮮度が欠かせません。先ほどは「傷まないように」という観点で冷やすことをすすめましたが、そもそもサラダは冷えていて「おいしい」もの。野菜を保存する冷蔵庫の野菜室は3〜8℃に設定されており、わたしたちが過ごすには低い温度ですよね。外出先でもできるだけ低い温度をキープした方がよく、冷やすなどの対処が必要です。
  6. 葉野菜を使ったサラダは、カサがあります。たとえば、レタスはカットすると重なり合ってかさばりますよね。しかし、詰めすぎると野菜がつぶれてしまう恐れがあります。ですから、余裕をもった空間が必要です。この辺りは、サラダ特有の問題ですね。サラダを持ち出すのは意外と難しいと思いませんか?
    1. サラダ事情を解決するお弁当箱を紹介します。
      1. 1つ目は、タッパータイプのボックスです。もともとは、下ごしらえした食材を保存する目的で作られた商品です。使い道が限定されておらず、サイズ展開は豊富。プラスチック製で大量生産が効くため、手頃な価格も特徴です。
    2. 有名なブランドのアイテムとして、アメリカ生まれのZiploc(ジップロック)のコンテナーがあります。サイズは10種類以上のラインナップがあり、筋トレ系の食事にも使われることがあります。アメリカ生まれのジップロックは、学生のお弁当風景でもよく見かけます。1,100mlサイズの正方形は、ちょうどサラダボウルのサイズになります。器は大きいほど重くなる傾向がありますが、このジップロックコンテナーは大きいサイズでも片手で持てるほど軽く、持ち運びに便利です。
      1. サラダ用の保冷機能付きボックス
      2. GEL COOLシリーズの一部で、北海道の三好製作所が作ったround サラダボックスがあります。この商品には2つの主な特徴があります。まず1つは、フタ自体が保冷剤になることです。夏場のお弁当には保冷剤が欠かせませんが、この商品では容器自体が保冷機能を備えています。朝の忙しい時間でも、保冷機能のフタを忘れる心配がなくなります。もう1つの特徴は、底にすのこが付いていることです。これにより、野菜からの余分な水分が流れ出ても、野菜が水に浸ることなく保たれます。これは食材の水分が傷みの原因となることを考えると、重要な利点です。ただし、透明部分の容器が油汚れに弱いというデメリットがありますが、カラーバリエーションが豊富で、シンプルなものから淡い色調のものまで揃っています。
  7. 保冷サラダコンテナー|THERMOS(サーモス) 続いて、THERMOS(サーモス)の保冷サラダコンテナーです。 この商品の特徴は、エリア分けされている点です。コンテナ、上段のトレイ、そして一番上のフタに分かれています。 メインはサラダボウルのような大きいコンテナ部分です。たっぷりの野菜を入れられます。その上段はトレイ部分、トレイを覆う一番上の部分には保冷剤を入れるスペースがあります。 特徴は、生野菜と他の具材をわけられる点です。コンビニのサラダを思い浮かべてもらうといいかもしれません。一番下にあるレタスやキャベツに対して、他の具材(お肉や他の野菜)って分けて入れられてますか?なぜかというと、混ざった状態では水分量の多い葉野菜が傷んでしまうためなんです。 ただ、サーモスの容器同様、飽和ポリエステルという樹脂素材です。油汚れが残りやすいというのがデメリットです。中だけコーティングするなど難しいのでしょうか……! カラー展開は、ブラック・ピンクの2色です。
      1. 保冷バッグ
      2. ドレッシング容器
  8. マーナのドレッシングカップは、持ち運びに便利です。自分のドレッシングを入れればOK。カップの目盛りに合わせて調味料を入れれば、手作りドレッシングができます。分離するので、食べる直前にシェイクします。ミニレシピが付いていたので、簡単に作れました!気分によってドレッシングを変えて楽しんでいます。
  9. お弁当に使えるサラダ用の容器を紹介しました。サラダが取り入れやすくなるコツをおさえると、より便利です。
    1. 関連記事
    2. 朝の弁当詰めが楽になるように、サラダの仕込みをまとめておくと便利です。
  10. 関連記事を読んでみよう
  11. コメント
    1. コメントをどうぞ
    2. SNSをフォローしよう
  12. タグで検索
  13. 最新の記事

お弁当サラダの配慮事項

お弁当サラダの配慮ポイント

細菌やウイルスが食中毒を引き起こす原因

お弁当にサラダを持ち運ぶ際に気をつけなければならないことは、食中毒です。食材に細菌やウイルスが付着し、それを摂取することで食中毒が引き起こされます。傷んだ食材を食べることが問題であり、「おいしくない」

お弁当サラダを傷めない3つのポイント

付けない・増やさない・やっつける

食中毒予防のためには、この3つが肝要です。しかし、生野菜を使ったサラダでは、これらが全て通用しません。制約があり、通常のお弁当よりもハードルが高くなります。目に見えない危険が潜んでいます。そのため、サラダでは「付けない」「増やさない」工夫が必要です。

お弁当サラダづくりの5つのコツ

サラダづくりのコツを、調理の流れに沿って5つ紹介します。

保存容器は殺菌する

保存容器は殺菌することが重要です。細菌を付けないために効果的です。最も推奨される方法は煮沸です。高温で殺菌できますが、耐熱性のない容器もあります。漂白剤やアルコールで除菌することもできます。キッチンハイターは除菌効果があり、漂白・消臭・カビ取りにも利用できる万能なアイテムです。また、パストリーゼは食品に直接ふきかけても安心のアルコール剤で、キッチン周りの除菌に便利です。

作るときは手で触らない

サラダ作りでは手で触らず、清潔な調理器具を使用します。これは細菌を避けるために効果的です。人間の手には常在菌が存在し、手洗いしても完全に取り除くことができません。健康な人でも、菌が付着しています。これらの菌がお弁当に入ると、繁殖して食中毒を引き起こす可能性があります。お弁当作りでは手袋を使用することをおすすめします。また、野菜をカットする包丁やまな板は清潔なものを使いましょう。消毒には熱湯や漂白剤が効果的です。状況に応じて対策を選ぶことも重要ですが、安全を考えると予防が肝心です。

持ち歩くときは冷やす

作ってから食べるまでの間は、冷やした状態で保存します。これは細菌の増殖を防ぐために効果的です。季節や持ち運ぶ時間に関係なく、保冷剤を使用しましょう。

ドレッシングはサラダと別

ドレッシングの扱いも重要です。ドレッシングは食べる直前にかけるのがポイントです。これは細菌の増殖を防ぐために効果的です。ドレッシングをかけてから時間が経つと、野菜から水分が出てしまい、サラダが早く傷んでしまいます。また、水気の多いサラダは食感が悪くなります。

怪しいと思ったら食べない

お疲れ様でした。無事にサラダランチにありつけます!しかし、これだけ注意していても、サラダが悪くなる場合もあります。ニオイや色、味が「おかしい」「怪しい」と感じたら、口にしないようにしましょう。うん、こういう勘って当たるからね。

サラダ好きのサラダお弁当ルーティーン

準備 → 調理 → 持ち運び

わたしの場合、お弁当サラダは平日に会社で食べるランチ用に作ることが多いです。こんな段取りで作って持ち運んでます。 段取り作業① 準備: 調理器具、サラダ容器はパストリーゼで除菌、調理中は手袋を装着 段取り作業② 調理: 葉野菜をひとくちサイズにカット、水気の多い野菜は入れないか、カットを工夫(例: トマトはミニトマトをそのまま入れる)、キッチンペーパーで余分な水気はオフ 段取り作業③ 持ち運び: 保冷剤を詰めて持ち出し(〜1時間)、会社に着いたら冷蔵庫へ

サラダならではのお弁当問題

食中毒は防止が必要ですが、それ以外にもサラダならではのお弁当問題があります。

鮮度が欠かせない

水分量が多い野菜は、鮮度が欠かせません。先ほどは「傷まないように」という観点で冷やすことをすすめましたが、そもそもサラダは冷えていて「おいしい」もの。野菜を保存する冷蔵庫の野菜室は3〜8℃に設定されており、わたしたちが過ごすには低い温度ですよね。外出先でもできるだけ低い温度をキープした方がよく、冷やすなどの対処が必要です。

カサがある

葉野菜を使ったサラダは、カサがあります。たとえば、レタスはカットすると重なり合ってかさばりますよね。しかし、詰めすぎると野菜がつぶれてしまう恐れがあります。ですから、余裕をもった空間が必要です。この辺りは、サラダ特有の問題ですね。サラダを持ち出すのは意外と難しいと思いませんか?

サラダで使えるお弁当箱のタイプ別特集

サラダ事情を解決するお弁当箱を紹介します。

サラダがたっぷり入るコンテナボックス

1つ目は、タッパータイプのボックスです。もともとは、下ごしらえした食材を保存する目的で作られた商品です。使い道が限定されておらず、サイズ展開は豊富。プラスチック製で大量生産が効くため、手頃な価格も特徴です。

コンテナー|Ziploc(ジップロック)

有名なブランドのアイテムとして、アメリカ生まれのZiploc(ジップロック)のコンテナーがあります。サイズは10種類以上のラインナップがあり、筋トレ系の食事にも使われることがあります。アメリカ生まれのジップロックは、学生のお弁当風景でもよく見かけます。1,100mlサイズの正方形は、ちょうどサラダボウルのサイズになります。器は大きいほど重くなる傾向がありますが、このジップロックコンテナーは大きいサイズでも片手で持てるほど軽く、持ち運びに便利です。

サラダの保冷機能を備えたボックス

サラダ用の保冷機能付きボックス

GEL COOL(ジェルクール) round サラダボックス|三好製作所

GEL COOLシリーズの一部で、北海道の三好製作所が作ったround サラダボックスがあります。この商品には2つの主な特徴があります。まず1つは、フタ自体が保冷剤になることです。夏場のお弁当には保冷剤が欠かせませんが、この商品では容器自体が保冷機能を備えています。朝の忙しい時間でも、保冷機能のフタを忘れる心配がなくなります。もう1つの特徴は、底にすのこが付いていることです。これにより、野菜からの余分な水分が流れ出ても、野菜が水に浸ることなく保たれます。これは食材の水分が傷みの原因となることを考えると、重要な利点です。ただし、透明部分の容器が油汚れに弱いというデメリットがありますが、カラーバリエーションが豊富で、シンプルなものから淡い色調のものまで揃っています。

保冷サラダコンテナー|THERMOS(サーモス)

保冷サラダコンテナー|THERMOS(サーモス) 続いて、THERMOS(サーモス)の保冷サラダコンテナーです。 この商品の特徴は、エリア分けされている点です。コンテナ、上段のトレイ、そして一番上のフタに分かれています。 メインはサラダボウルのような大きいコンテナ部分です。たっぷりの野菜を入れられます。その上段はトレイ部分、トレイを覆う一番上の部分には保冷剤を入れるスペースがあります。 特徴は、生野菜と他の具材をわけられる点です。コンビニのサラダを思い浮かべてもらうといいかもしれません。一番下にあるレタスやキャベツに対して、他の具材(お肉や他の野菜)って分けて入れられてますか?なぜかというと、混ざった状態では水分量の多い葉野菜が傷んでしまうためなんです。 ただ、サーモスの容器同様、飽和ポリエステルという樹脂素材です。油汚れが残りやすいというのがデメリットです。中だけコーティングするなど難しいのでしょうか……! カラー展開は、ブラック・ピンクの2色です。

サラダお弁当に欠かせないアイテム2選

保冷バッグ

保冷ランチバッグ 7L|THERMOS(サーモス)

ドレッシング容器

マイドレッシングカップ|マーナ

マーナのドレッシングカップは、持ち運びに便利です。自分のドレッシングを入れればOK。カップの目盛りに合わせて調味料を入れれば、手作りドレッシングができます。分離するので、食べる直前にシェイクします。ミニレシピが付いていたので、簡単に作れました!気分によってドレッシングを変えて楽しんでいます。

外出先にサラダを持ち運ぶのに便利なアイテムをまとめました!

お弁当に使えるサラダ用の容器を紹介しました。サラダが取り入れやすくなるコツをおさえると、より便利です。

関連記事

サラダの仕込み

朝の弁当詰めが楽になるように、サラダの仕込みをまとめておくと便利です。

サラダ作りがスムーズに進むのは、必要な道具が揃っているから。お気に入りのアイテムをまとめてみました。

関連記事を読んでみよう

記事内に関する情報は提供されていません。

コメント

コメントを書き込む

コメントをどうぞ

おいしいもの好きな都内ひとり暮らしの30代会社員。サラダを中心に、おいしい料理・食材情報・生活術を発信しています。レシピ化したサラダは250超。9-17時勤務が作れるレシピや、サラダをおいしく作るコツ、調理アイテムや食材・調味料をお届けしています。シンプルな生活が性に合う性質で、脱会社員を目指して活動中。本屋や晩酌が好きです。

SNSをフォローしよう

作りたてのサラダをチェックしよう!

タグで検索

最新の記事

タイトルとURLをコピーしました