せいろ蒸しのおすすめ食材

日常の食生活におすすめ!リピートしたくなるせいろ蒸しの食材組み合わせ

当サイトでは、アフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。サラダ作りのコツ。せいろ蒸しを楽しみたいけど、何を入れたらいいんだろう?こんなあなたの悩みに、おこたえします。この記事の内容、ナビするのは、サラダに夢中で野菜好きなkamai(@)です。kamaiは会社員として働きつつ週3以上はサラダを作り、SNSで発信したレシピ数は250を超えました。このブログでは、サラダ作りのハウツーやレシピを紹介しています!日ごろの食事づくりで重宝しているのが、せいろ。「いいよ!」と家族にすすめられて取り入れたところ、蒸し料理がグッと身近になりました。この記事では、せいろ蒸しのおすすめ食材と組み合わせを紹介します。を知りたい方は、こちらをどうぞ。

せいろ蒸しの食材組み合わせ

ナス+豚肉+豆もやし

イチオシは、ナスと豚肉の組み合わせです。ナス単品だと淡白でモノ足りないところ、豚肉に巻かれると化けます!「じゅわ」っと肉汁が溢れ出るような錯覚に陥るんですよね。(実際は、ナスの水分)豚肉は脂身の多いバラ肉でなく、淡白なモモ肉やロース肉でも満足度がありますよ。旨味にかぶりついてる!って感じが大好きです。肉を巻くのが面倒なら、そのまま乗せるスタイルでもOK。そのまま乗せると豚肉が固まりやすいため、折衷案として、ナスの間に豚肉を忍ばせます。そして、ナス+豚肉だけ入れるとせいろ内に空きがあるため、下に豆もやしを敷きます。隙間が空く豆もやし自体がザルの代わりになるので、水蒸気の巡りが良く蒸しあがります。また「シャキシャキ」食感なので、このせいろ1段だけでも飽きずに食べ進みますよ。大豆もやしと緑豆もやし、どっちでもいい?もやしの中でも、私は大豆もやし(豆もやし)をおすすめします。もやしは野菜の中でも水分量が多い野菜のひとつです。緑豆もやしはみずみずしい分、水っぽくもなりやすいです。その点、豆もやしは火を通しても歯ごたえがしっかり残ります。栄養価も優れているもやしなんですよ。

キャベツ+豚肉+しめじ

続いても、豚肉メインのラインナップです。豚肉はそのまま食べてもOKですが、流れ出す旨味を逃してはもったいない!キャッチしてくれる野菜を敷きましょう。それが、キャベツの千切りです。キャベツの千切りも豆もやし同様、すき間から水蒸気が上がるため豚肉に火が通りやすいです。豚肉とキャベツだけだとさみしいので、しめじを添えましょう。「ぷりん」「ぶるん」とした食感が加わって、この1段も飽きずに食べ進みます。

さつまいも+かぼちゃ

火が通りにくい野菜たちを、まとめて蒸します。それが、さつまいもとかぼちゃです。どちらも甘みが強く、「ほくほく」感を最高に楽しめる食材です。せいろ蒸しを謳歌できる野菜だね!1秒でも早く食べたければ、薄切りに。存分にホクホク感を楽しみたければ、厚切りがおすすめ。熱々の蒸気にさらせば、薄切り10分・厚切り15分ほどで蒸しあがります。どちらも「蒸し過ぎた!」というほどに蒸しても、味に問題は出ません。むしろ、蒸し足りないと歯に当たって良さ半減なんですよね。かぼちゃなら、実と皮が分離していれば蒸しあがっています。好みもありますが、私はほろほろになるくらい蒸しちゃいます。

せいろ蒸しの食材組み合わせのコツ

火の通りが同じものを使う

火の通りが同じものを使いましょう。蒸しムラが出ると、再び火にかけなければいけなかったり、固過ぎ・柔らか過ぎでバランスが崩れます。どうしても1度で蒸したい時は、カットする厚み・食材を入れるタイミングで調整します。

たとえば、このせいろ1段。蒸しあがるのに時間がかかるさつまいも・かぼちゃは薄切り、あっという間に蒸しあがるナスは厚切り。そのままでも食べられる水菜は、他の食材が蒸しあがったタイミングでせいろへ入れました。(温めるだけ)

こうすれば、手持ちの食材で調整できるね。

まとめ

無限の組合せで楽しいせいろ蒸しライフを!

この記事では、せいろ蒸しのおすすめ食材と組み合わせを紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連記事

野菜のふるさと納税

私が活用している野菜のふるさと納税を紹介しました。

関連記事を読んでみる

関連記事を読んでみる

コメント

コメントを書き込む

コメントをどうぞ

おいしいもの好きな都内ひとり暮らしの30代会社員。サラダ🥗を中心に、おいしい料理・食材情報・生活術を発信。レシピ化したサラダは250超。

9-17時勤務が作れるレシピ
サラダをおいしく作るコツ
調理アイテムや食材・調味料をお届け。

シンプルな生活が性に合う性質で、脱会社員を目指して活動中。本屋・晩酌が好き。

SNSフォロー

作りたてサラダをチェック!

タグ検索

新着記事

タイトルとURLをコピーしました