水漬けパスタがまずいしドロドロになるのはなぜ?失敗の原因と対処法を紹介!

水に浸けたパスタがまずくなる原因と対処法

水漬けパスタは、乾燥麺を生パスタ風に変身させる魔法のようなものですが、「水漬け過ぎるとドロドロになる」という話を聞いたことはありませんか?

そんな水漬けパスタですが、実際にはどれくらいの時間水につけたら大丈夫なのか気になるところですよね。

結論から言うと、パスタの種類さえ間違わなければ、12時間程度まで水に漬けてもドロドロになることはありません。

2時間程度漬けたものよりも、もっと長く水に漬けた方が、もっちり感が増してむしろ美味しくなります!

ただし、美味しい水漬けパスタを作るには、漬ける時間だけでなくコツが必要です!

この記事では、「水漬けパスタを絶品に!」と言わせるためのコツをお教えします。

水漬けパスタがドロドロになるのは種類で向き不向きがある?

水漬けパスタの由来は、NHKの「ためしてガッテン」という番組で紹介されたレシピにあります。番組で紹介されたレシピには、以下のように書かれています。

浸水時間の目安以上にパスタを浸しても、麺が余分に水を吸ってふやけることはありません。

つまり、一定の目安はあるものの、それ以上に水に漬けても問題はないのか、という疑問が湧きますね。

調査の結果、パスタは水に長時間漬けても、麺の重量と同じ量の水分しか吸収しない性質があることがわかりました。したがって、長時間漬けても大丈夫なのです!

ただし、様々なレシピを調べた結果、最大限の浸水時間は半日とされていますので、12時間を守ることが良いでしょう。

また、ドロドロにならないようにするために、早ゆでタイプの麺は水漬けパスタには向いていないことが分かりました。

具体的には、1.3mm以下の細麺は避けるべきです。

要するに、ドロドロにならないためには、乾麺の太さが1.4mm以上であり、最長でも12時間まで浸水しても大丈夫だということです。

ちなみに、私も1.6mmの乾麺(ゆで時間7分)を77分間漬けたものと、4時間漬けたものを食べ比べてみました。

4時間漬けると柔らかくなりすぎるのではないかと心配しましたが、全くそんなことはなく、むしろもっちり感が増して食べ応えがあり、麺そのものの味が美味しかったです!

水漬けパスタがまずいのは3つのコツを知らないから失敗する!?

水漬けパスタの最大の魅力は、ゆで時間がわずか1分で済み、4時間以上水に漬けても茹でなくても調理できる点です。

しかし、美味しさを重視する人にとって、水漬けパスタを作る際の3つのコツがあります。

1. 茹でる工程は省かない
2. 漬け水を茹でる際に活用する
3. 麺は1.8mm以上(ゆで時間10分以上のもの)を使用する

まず、茹でる工程を省略してはいけません。

面倒くさがりな私は、水漬けパスタの水を切ってから茹でる手間を省き、そのまま炒めてみました。しかし、結果はあまり良くありませんでした。水分不足の麺はパサパサし、ソースとの絡みが悪く、時間が経つとカチコチに固くなってしまいました。

そのため、別の日に茹でた水漬けパスタを試してみました。茹でないという選択肢を考えましたが、やはり茹でることで麺の食感が良くなり、ソースとの絡みもよくなりました。この結果から、再び水漬けパスタを食べたいと思える満足の味になりました。

次に、茹でる際には水漬けパスタの水を有効活用しましょう。

通常のパスタの茹で汁も乳化させるために使いますが、水漬けパスタの場合も同じです。漬け水に含まれるデンプンを利用することで、乳化が容易になり、美味しいパスタに変身します。

最後に、水漬けパスタには適した麺の種類があります。

水漬けパスタの魅力は、そのもちもちした食感です。この食感を最大限に引き出すためには、太めの麺を使用することがおすすめです。好みのソースを選んで、楽しんでください。

まとめ

今回の話をまとめると、水漬けパスタがドロドロにならないためには、乾麺の太さが1.4mm以上であり、最大限12時間までの浸水時間を守ることが重要です。

また、美味しい水漬けパスタを作るための3つのコツは以下の通りです:

1. 茹でる工程は省かない。
2. 漬け水を茹でる際に活用する。
3. 麺は1.8mm以上(ゆで時間10分以上のもの)を使用する。

この記事を参考にして、ぜひ美味しい水漬けパスタを作ってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました