ステンレス鍋の揚げ物は危険?できることとやってはいけないことを解説!

「ステンレス鍋での揚げ物、危険性は本当?」というウワサ、聞いたことありますか?

実は、ステンレス鍋は油温が200℃以上になると発火しやすく、火災のリスクがあるため、てんぷらや揚げ物には不向きと言われています。

でも、実際には、揚げ鍋やてんぷら鍋にステンレス製のものがよく見られますよね。

私の家にもステンレス製の鍋があります。

プロの料理人は、通常鉄や銅のてんぷら鍋を使っているイメージがありますが、その鍋は重たくて手入れが大変です。

それに比べてステンレス製の鍋は、丈夫で錆びにくく、手入れがしやすいのが利点です。

確かに、鉄や銅ほどの熱伝導率はありませんが、そのかわり保温性が高く、一度温めたら冷めにくく、高い温度を保ちやすいです。

温度管理に気を使えば、ステンレス製の鍋は使いやすいです。

ただし、ステンレス鍋を使う際には、注意すべきポイントもありますので、注意が必要です。

ステンレス鍋でやってはいけない5つの使い方!どういう使い方に向いているの?

ステンレス鍋を使う上で、どんな点に気を付けるべきかを見てみましょう。他の素材の鍋と同じように使っていたら、ステンレス鍋の寿命を縮めてしまうかもしれません。

注意事項:
1. 急激な温度変化を避ける
熱されたステンレス鍋を急に冷たい場所に置くと、鍋の表面が変形したりひび割れが生じることがあります。また、熱い食材を冷たい鍋に入れるのも避けましょう。

2. 長時間の加熱に注意する
長時間鍋を加熱し続けると、鍋の内部が変形したり表面が変色する可能性があります。過度な加熱で焦げ付くことも注意が必要です。

3. 塩分や酸に長時間さらさない
料理に含まれる塩分や酸はサビの原因となります。特に酸はステンレスにとって苦手なので、長時間鍋に漬け置くことは避けましょう。

4. 強い洗剤の使用を避ける
強い洗剤を使うと、鍋の表面が傷ついたり変色する可能性があります。中性の洗剤を使用し、柔らかいスポンジで洗うようにしましょう。

5. 金属との接触を避ける
ステンレスはサビにくい素材ですが、他の金属との接触によってもらいサビが発生することがあります。保管する際には、他の金属との接触に気をつけましょう。

これらのポイントに留意することで、ステンレス鍋を長持ちさせることができます。

ステンレス鍋なのに揚げ物ができる!?おすすめ便利なステンレス鍋とは?

これらの注意点さえ心掛ければ安心ですね!

ステンレス鍋は、先述の通り、丈夫でサビにくく、手入れも簡単です。

それだけで家庭での頼れる味方となります!

しかも、定期的な手入れを怠らなければ、何と10年も使えるというから驚きです。コストパフォーマンスも抜群ですね。

そんな魅力的なステンレス鍋を、積極的に取り入れてみたくなります。

以下では、そのようなメリットをたくさん備えたおすすめのステンレス鍋をご紹介します。

おすすめのステンレス鍋:
1. 燕三条 天ぷら鍋
この長方形の揚げ鍋は、丸形のてんぷら鍋よりも少ない油で揚げることができます。

鍋の蓋が油切りバットになっているため、油を移す際にも注ぎやすいです。

さらに、3つの形状から選ぶことができ、カラーバリエーションも豊富でとても可愛らしいです!

使い勝手が良く、見た目も可愛いなら、間違いなく買いです!

2. オイルポットとしても使えるコンパクト収納ステンレス製揚げ物鍋
「揚げる」「濾過する」「保存する」すべてこれ一つでOKです。

通常の揚げ物鍋は収納がかさばりがちですが、この揚げ物鍋ならコンパクトに収納できます。

取っ手が上を向いているため、場所を取らずに保管できます。

少々お値段は高めですが、コンパクトなので少量の揚げ物しかできないというデメリットもあります。

メリットとデメリットを考慮して検討すると良いでしょう。

ステンレス鍋でどうしても揚げ物をしたいとき!どんなことに注意すればいい?

ステンレス鍋を使用して揚げ物を行う際のポイントを解説します。

まず、ステンレス鍋は食材が鍋にくっつきやすい性質があります。この問題を解決するために、油を入れる前に鍋を空焚きします。

小さめの鍋では中火で3分、大きめの鍋では中火で5分ほど空焚きします。
これにより、鍋全体が均一に加熱され、蓄熱された鍋を利用して揚げ物調理を行います。

次に、油の量は食材が半分くらいまでかぶるくらいの量を目安に入れます。食材を返す際を考慮してこの量を選びます。

油を入れて中火にかけ、木製の菜箸を先に入れて油がブクブクと泡立ってくるまで加熱します。

その後、下味と衣をつけた食材を投入し、フタをします。フタをすることで鍋の中が定温定圧になり、安定した調理環境を作ります。

食材を返す際は、フタをまっすぐ上にあげてから横にスライドさせて取ります。これにより、フタの内側の水滴が鍋の中に入らず油の飛び跳ねを防ぎます。

食材を返した後は、フタの内側の水滴を拭いてから再びフタをします。その後、フタを外して1分ほどカラッと揚げるために揚げ物をします。

基本的に強火ではなく中火で蓄熱し、その温度をキープして調理を行います。これにより、ステンレス鍋でも食材がくっつかず、安全に揚げ物を調理することができます。

ステンレス鍋で揚げ物は危険!?のまとめ

ステンレス素材の鍋は、適切な注意点を守れば非常に使い勝手の良いアイテムです。

形も色もさまざまで、家族の人数や揚げ物の頻度に合わせて選ぶことができます。

我が家では、食べ盛りの子供がいるので大きめのサイズを選んでいます。

夫婦二人暮らしの場合は、コンパクトなサイズでも十分ですし、独り暮らしの場合は、オシャレでかわいい揚げ鍋を選ぶことで、揚げ物が楽しくなるかもしれませんね。

お気に入りの揚げ鍋を見つけて、料理の楽しみを広げてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました