キャベツが固いしまずい時の原因や美味しく食べる人気のレシピを紹介!

キャベツは食材との相性が抜群で、煮物、炒め物、サラダなど、幅広い料理に活用できます。そのため、多くの家庭で常備されていることでしょう。

キャベツが硬くなってしまった場合、すべてを捨てるのはもったいないと感じることもあるでしょう。

キャベツを柔らかくする方法として、電子レンジで加熱するか、塩を使って揉む方法があります。
固いキャベツに適した調理法として、煮込む、炒める、小さく切る方法があります。
キャベツの固い葉がまずい原因は、収穫時期や部位によります。
キャベツは、スープや煮込み料理など、時間をかけてじっくり加熱するとトロトロになります。

固いキャベツを柔らかくするレシピとして、キャベツのスープ煮、キャベツ・かぼちゃと卵のサラダ、キャベツのレンジラザニア風などがあります。
さて、キャベツの固い葉がまずい原因や柔らかくする方法、美味しいレシピについて、詳しくご紹介していきます。

これまでに硬くなってしまったキャベツを捨てた経験がある方は、この記事を参考にしてください。捨てずに料理に活用することができますし、料理のバリエーションも広がりますよ。

固いキャベツを柔らかくする方法

固いキャベツを柔らかくする方法として、電子レンジで加熱するか、塩で揉む方法があります。

電子レンジで加熱する

キャベツを適当な大きさに切ります。
耐熱容器に切ったキャベツを入れ、ラップで覆います。
電子レンジ500Wで4~5分加熱します。
ザルなどにあけ、水分を切ります。
お湯で茹でるより時間も手間も省け、更に栄養素も逃げにくいのでおすすめです。

塩で揉む

キャベツを適当な大きさに切ります。
ボウルに切ったキャベツを入れ、塩を振りかけて軽く揉みます。
しばらくそのままで置き、カサが減ってきたらよく絞ります。
キャベツを塩で揉むと、塩の脱水作用で水分が抜けて柔らかくなります。ただし、多少塩味が残るため、作る料理によっては不向きな場合があります。

固いキャベツに合う調理法

固いキャベツでも、その固さがメリットとなる調理法が存在します。

煮込む料理
固いキャベツは煮崩れしにくいため、スープやロールキャベツなど、じっくり煮込む料理に適しています。煮込むことで柔らかくなり、他の食材との相性も良く、美味しさが増します。

炒める料理
水分量の少ない固いキャベツは、加熱しても形が崩れにくい特性を持っています。そのため、肉や野菜と一緒に炒めると、キャベツの形やシャキッとした食感が保たれます。様々な味付けが可能なので、料理のバリエーションが豊富です。

小さくカットする
固いキャベツを小さくカットすることで、食べやすさが向上します。千切りやみじん切りにすることで、水分を保持しつつパサパサとした固さを防ぐことができます。

キャベツを千切りにする

キャベツの葉の方向を揃えて、何枚か重ねて丸めます。
刃が繊維(葉脈)に垂直に入るようにして細く切ります。
ザル付きのボウルに千切りにしたキャベツを入れ、冷水で数分洗います。

この方法でキャベツを切ると、ふわふわとした柔らかい千切りになります。細く切れば柔らかさが増します。

キャベツをみじん切りにする
固いキャベツの筋を気にせず、みじん切りにして調理することもおすすめです。細かくみじん切りにして、餃子やロールキャベツ、スープの具材、炒め物などに利用できます。

固いキャベツ柔らかレシピ

以下は、キャベツが柔らかくなるレシピとして、「キャベツのスープ煮」、「キャベツ・かぼちゃと卵のサラダ」、「キャベツのレンジラザニア風」についての詳細です。

キャベツのスープ煮

材料(2人分)

キャベツ:1/2個
ベーコン(薄切り):50g
にんにく:1片
水(野菜出汁):600ml
固形スープの素:2個
塩、粗挽き黒こしょう:各適量
作り方

キャベツはざく切りにし、外葉の固い部分は千切りやみじん切りにします。
ベーコンは食べやすい大きさに切ります。
にんにくは薄切りにします。
鍋に、キャベツ、ベーコン、にんにく、水(または野菜出汁)を入れて強火にかけます。
煮立ったら、固形スープの素を入れて溶かします。
弱火にして蓋をして30分ほど煮ます。途中で水が少なくなったら足します。
味を見て、薄かったら塩を適量加えて調整します。
器に盛り、食べる直前に粗挽きこしょうを振りかけて完成です。
野菜出汁の作り方

鍋に1300㏄の水を入れて火にかけます。
野菜の切れ端と酒小さじ1ほどを加え、弱火で20~30分煮ます。
ザルでこして出来上がりです。
キャベツ・かぼちゃと卵のサラダ

材料(4人分)

キャベツ:5~6枚
かぼちゃ:1/4個
卵:1個
マヨネーズ:大さじ2~3
ヨーグルト:大さじ2
塩、こしょう:各少々
作り方

キャベツをざく切りにして、耐熱ボウルに入れ、電子レンジ500Wで4~5分(600Wで2~3分)加熱します。
かぼちゃを耐熱容器に重ならないように入れ、ラップを被せ、600Wで2分加熱します。
かぼちゃの真ん中に卵を割り入れ、再びラップをして600Wで4分加熱します。
かぼちゃに串がすっと通ったら、マヨネーズと塩こしょうを加えてフォークで潰すようによく混ぜます。
レンチンしたキャベツを加えて混ぜたら完成です。
キャベツのレンジラザニア風

材料

キャベツ:6枚
合いびき肉:400g
卵:1個
塩:小さじ1/3
こしょう:少々
トマトソース(トマトケチャップ):3/4カップ
ピザ用チーズ:80g
下準備

キャベツの葉の固い部分を粗く刻みます。
作り方

合いびき肉、卵、塩、こしょう、キャベツの刻んだ部分を混ぜ合わせて肉ダネを作り、半分に分けます。
耐熱容器にキャベツの葉を2枚分敷き、肉ダネ、トマトソース、チーズ(それぞれ半量ずつ)を敷き詰めます。
これを繰り返してもう一段重ね、最後にキャベツ2枚分を被せます。
ラップをかけて、電子レンジ500Wで10分加熱します。
切り分けて、お皿に盛れば完成です。

キャベツが固い原因

キャベツの固い葉がまずい原因は、収穫時期と部位によるものです。

キャベツの収穫時期
冬キャベツは11月から3月に収穫されます。この時期のキャベツは葉が厚くしっかりしており、煮物などの加熱調理に向いています。一方、3月から5月に収穫される春キャベツは水分量が多く瑞々しく、サラダなど生食に適しています。冬キャベツは冬の終わりに花芽がつき、「トウ立ち」と呼ばれる状態になります。トウ立ちは、生殖成長が始まったサインであり、この時期のキャベツは葉が固くなり味が落ちる傾向があります。

キャベツの部位
キャベツは外葉、内葉、中心葉の3つの部位に分けられます。外側から内側に向かうほど葉が柔らかくなります。外葉は一般的に固く、捨てられることもありますが、実は中の葉よりも栄養が豊富です。外葉にはビタミンCやβカロテンが多く含まれており、美肌効果や免疫力アップなどに役立ちます。農薬や虫食いが気になる場合は外葉の一部を捨てることもできますが、栄養価を考えるとできるだけ利用したい部位です。

まとめ

キャベツの固い葉がまずい原因やトロトロにする方法、そしてキャベツの柔らかいレシピについてお伝えしました。

固いキャベツがまずい原因は、収穫時期や部位にあります。一般的に、冬に収穫されるキャベツは葉が厚くてしっかりしており、煮込み料理などに向いています。しかし、収穫時期や部位によっては、葉が固くなりすぎて食べづらくなることがあります。

キャベツをトロトロにするには、時間をかけてじっくり加熱する方法が有効です。スープや煮込み料理など、柔らかくなるまで加熱することで、キャベツの食感がふんわりとしたトロトロになります。

固いキャベツを柔らかくするレシピとして、キャベツのスープ煮やキャベツ・かぼちゃと卵のサラダ、キャベツのレンジラザニア風などがあります。これらのレシピを試してみると、固いキャベツも美味しく食べることができます。

キャベツは一年を通して主役にも脇役にもなって活躍してくれる食材です。栄養価が高く、さまざまな料理に活用できるキャベツを、ひと工夫して味わい深く食べられるように、この記事を参考にしていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました