すき焼きの残り汁は次の日でも平気?保存方法やアレンジレシピも紹介!

すき焼きの残り汁は翌日まで保存可能です。冷蔵庫に入れておけば、2〜3日は大丈夫です。冷凍する場合は、具材と汁を別々にしてフリーザーバッグに入れ、1ヶ月ほど保存できます。

他にも、この記事では残りのすき焼きを使ったリメイクレシピも紹介しています。これを読めば、すき焼きを最後まで楽しむ方法がわかりますよ。

残ったすき焼きは次の日も食べられる?

すき焼きの残りは翌日でも十分に美味しく食べることができます。余った場合は、次の日に楽しんでください。

すき焼き冷蔵での保存方法と賞味期限

すき焼きの冷蔵保存は簡単です。大きな冷蔵庫があれば、鍋のまま冷蔵庫に入れるか、少量の場合はタッパーなどに移して保存しましょう。賞味期限は2〜3日程度です。長期間保存するとお肉が固くなり、美味しさが損なわれる可能性があるので、早めにいただくのがおすすめです。

すき焼き冷凍での保存方法と賞味期限

すき焼きは冷凍保存も可能です。日持ちは約1ヶ月です。まずは具と汁を分けましょう。具と汁を一緒に保存すると、具が汁を吸い過ぎてしまい、味が濃くなりすぎる可能性があります。それぞれをフリーザーバッグに分けて冷凍しましょう。

冷凍保存する際に注意すべき点があります。焼き豆腐と糸こんにゃくは特に注意が必要です。これらをそのまま冷凍すると、焼き豆腐はスポンジ状に、糸こんにゃくはゴム状になってしまいます。したがって、これらの具は取り除いておく必要があります。

冷凍したすき焼きを解凍する際には、電子レンジを使用するのがおすすめです。鍋で解凍すると焦げ付きやすく、具が汁を吸って味が濃くなる可能性があるため、注意が必要です。味が濃くなってしまった場合は水を足すか、卵を落としてマイルドな味にするのも良いでしょう。

すき焼きを冷凍するときの注意事項

すき焼きの残り汁には、具から出た美味しいエキスがたっぷり含まれています。そのまま捨ててしまうのはもったいないですね。そこで、リメイクして美味しくいただくレシピをご紹介します。

すき焼き風煮込みうどん
材料:
ゆでうどん 1玉
卵     1個
すき焼きの残り汁 適量
好きな具材(肉、野菜など)     適量
作り方:
鍋にすき焼きの残り汁を入れて温めます。
好きな具材(肉や野菜など)を切って鍋に入れます。
汁の味見をし、薄いようならしょう油などの調味料(分量外)を入れて味を調整します。
鍋にうどんを入れて煮込みます。
最後に卵を落とし、卵に火が通るまで煮込んだら完成です。
豆腐の卵とじ
材料:
豆腐   半丁
ネギ   お好みで
卵    1個
すき焼きの残り汁 適量
作り方:
豆腐を一口大に切り、ネギは小口切りにします。
鍋にすき焼きの残り汁と豆腐を入れて火にかけます。
沸騰したら、卵を割り入れ、弱火にしてフタをします。
卵が半熟になるまで火を通したら、器に盛り、ネギをかけて完成です。

まとめ

今回はすき焼きの保存方法についてご説明しました。簡単におさらいしてみましょう。

すき焼きは次の日も食べられます。
冷蔵保存する場合、日持ちは2〜3日程度です。
冷蔵保存する際は、鍋のまま冷蔵庫へ入れるか、タッパーなどに移して保存します。
冷凍保存する場合は、具と汁に分けてフリーザーバッグに入れて冷凍します。
食感が悪くなるので、焼き豆腐と糸こんにゃくは冷凍保存を避けましょう。
冷凍したすき焼きは電子レンジで解凍します。
余ったすき焼きはリメイクして美味しくいただくのもOKです。

せっかくのごちそうであるすき焼き、最後まで美味しく食べてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました