えのきは冷凍したら腐る?見分ける方法や解凍のコツを詳しく解説!

えのきはさまざまな料理に活用できる食材ですが、冷蔵庫に保管しておくと、気がついたら傷んでいることがありますね。

えのきを長く保存する方法として、冷凍保存が考えられますが、一方で冷凍することで傷みが早く進むのではないかという心配もあります。

正しく冷凍保存されたえのきは腐ることはありません。冷凍保存することで旨味が引き出され、加熱する際に美味しさがアップします。また、栄養素もより摂りやすくなります。
えのきが腐っている場合、生臭い独特な臭いがしますので、臭いで見分けることができます。
袋に入ったままのえのきを未開封の状態で冷蔵庫に保存すると、約2~3日は持ちます。
冷蔵庫や冷凍庫、乾燥させて保存することで、えのきは1週間から1ヶ月程度保存することができます。

これから、えのきの冷凍による傷みや、腐っているかどうかの見分け方、賞味期限について、詳しくご説明していきます。

えのきには賞味期限が表示されていないため、安心して食べられる期間がわからないという方もいますが、この記事を参考にすれば、スーパーで多めに購入してストックしておくこともできますよ。

えのきは冷凍で腐る?

えのきは、正しく冷凍保存されていれば腐ることはなく、冷凍してから加熱することで旨味が引き立ち、栄養素も効果的に摂取できます。その冷凍の利点を詳しく見ていきましょう。

えのきを冷凍するメリット
1. 保存期間が延びる

冷凍することで、えのきは約1ヶ月間保存することができます。食材の無駄を減らすためにも、冷凍保存は便利です。
2. 旨味が増す

冷凍保存すると、えのきの細胞が壊れ、グアニル酸を生み出す酵素が活性化します。このため、生の状態よりも旨味成分が増え、料理がより美味しくなります。例えば、ハンバーグや豚の生姜焼きのトッピングや付け合わせに最適です。
3. 栄養素が逃げない

えのきに含まれるエノキタケリノール酸は、内臓脂肪率を低下させる効果があるとされ、ダイエットにも効果的です。しかし、この成分はえのきの細胞膜に守られており、加熱調理だけでは体に吸収されにくいと言われています。しかし、冷凍したり乾燥させることで細胞膜が壊れ、体内での吸収が促進されます。
冷凍保存は、えのきの旨味を最大限に引き出し、栄養素を効果的に摂取する方法としておすすめです。

えのきが腐っているか見分ける方法

えのきの賞味期限

えのきが腐ると、臭いや見た目、手触りなどに変化が現れます。えのきが腐っているかどうかを見分ける方法を以下に示します。

臭い

腐ったえのきは、特有の臭いがします。

生臭い嫌な臭いがすることがあります。
酸っぱい臭いが部屋中に広がることがあります。
見た目

腐ったえのきは、見た目にも変化が現れます。

色が黄色から茶色に変わることがあります。
しんなりとして、全体のハリがなくなることがあります。
傘が大きく開くことがあります。
袋の中に水滴が発生したり、水が溜まったりすることがあります。
手触り

腐っているえのきは、手で触ってもわかります。

腐敗菌の発生により、ぬめりが出ることがあります。
水気を含み、柔らかくなることがあります。
傘がパラパラと取れやすくなることがあります。
腐っているかどうかを確認する際には、一番わかりやすいのは臭いです。見た目では分かりにくい場合でも、臭いを嗅ぐことで判断できます。万一腐ったえのきを食べてしまうと、腹痛や下痢を引き起こす可能性があるため、食べるかどうか迷った場合は、安全を考えて食べるのを避けて処分することをおすすめします。

えのきの賞味期限

えのきの賞味期限は、その保存方法によって異なります。

未開封のえのきの賞味期限
袋に入っているえのきを未開封のまま冷蔵庫で保存した場合、通常は2~3日ほど日持ちします。購入後しばらくすると、水分がえのきから出て袋に付着することがあります。この水分によってえのきの劣化が進みます。また、えのきは低温で栽培されているため、高温多湿な場所では傷みやすくカビも発生しやすいので、常温保存は適していません。

開封後のえのきの賞味期限
えのきを開封後、正しく冷蔵保存した場合は、通常は1週間ほど日持ちします。しかし、開封後に冷凍保存した場合や天日干ししてから保存した場合は、約1か月ほど日持ちさせることができます。

開封後の冷蔵保存方法
えのきを袋から出して、キッチンペーパーまたは新聞紙で包みます。(石づきはカットせずに包みます)
包んだ後、ポリ袋に入れて口を閉じます。
根元を下にして、立てた状態で冷蔵庫の野菜室で保存します。
水分がえのきを傷める原因となるため、洗わずに包むことが重要です。包んだキッチンペーパーや新聞紙は、保存中に出る水分を吸収してくれます。

開封後の冷凍保存方法
えのきの石づきを切り落とし、冷凍用保存袋に入れます。(長さを半分に切っても良いです)
袋の上から手で軽くほぐしながら、空気を抜いて封をします。
金属トレイにのせた後、冷凍庫で保存します。
解凍する際には、凍ったまま調理することをおすすめします。

開封後に乾燥させる方法
えのきは、冷蔵庫や冷凍庫に入れる以外にも、天日干ししてから保存することができます。

石づきを切り落とし、小房に分けた後、ザルやネットなどに並べます。
日当たりが良く風通しが良い場所で、約3日間天日干しします。
時々上下を返しながら干し、カラカラに乾燥させます。
2時間ほど天日干しした後、フライパンで焦がさないように乾煎りすることもできます。この方法でもグアニル酸やエノキタケリノール酸が増加し、ビタミンDも増えるため、骨粗しょう症の予防にも役立ちます。

まとめ

えのきは、正しく冷凍保存されていれば腐ることはありません。むしろ、冷凍することで旨味が引き出され、栄養素も摂取しやすくなります。また、えのきが腐ると、見た目や臭い、手触りなどに変化が現れます。未開封のえのきは冷蔵庫で2~3日程度の日持ちであり、開封後は冷蔵庫や冷凍庫、または乾燥させて保存することで1週間から1ヶ月ほど日持ちします。

冷凍や乾燥させることで、えのきの栄養素がより吸収しやすくなり、旨味もアップします。そして、長期保存が可能なため、忙しい時でも料理の効率を上げることができます。栄養豊富なえのきを上手に保存し、効率よく料理に活用するために、この記事が参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました